「ヨックモック」日本人が意外と知らない源泉

実はスウェーデンにある小さな町だった

「道中が長かっただけに、ヨックモックの街に降り立った気分はえもいわれぬものがあった。ヨックモックという言葉の響きが私にとって、なぜかすがすがしい心あたたまる印象を呼び起こすのは、この時に受けた郷愁にも似た感じがあるからだろうか」

ヨックモックの地で彼が出会ったのは、真心がこもった、家庭的で温かみのある手作りのお菓子と、ホスピタリティあふれるおもてなしだった。

「これこそが洋菓子の真髄」と感じた藤縄氏は日本へ戻り、スウェーデンのJOKKMOKKという綴りを「YOKUMOKU(ヨックモック)」と変え、見ても聞いても日本人に馴染みやすいようにアレンジし、正式な社名にしたのである。

ヨックモックは北極圏にある小さな町

日本のお菓子ブランドの社名となった「ヨックモック」は、スウェーデンの首都ストックホルムから約800km北にある。北極圏にある人口約5000人の小さな町だ。

スウェーデン ノールボッテン県 ヨックモック(写真提供:ヨックモック)

冬の最低気温はマイナス20度にもなる。冬はオーロラツアーや、400年続く北欧最大のウィンターマーケットを訪れる観光客でにぎわい、夏は美しい川や湖でのウィンタースポーツも盛んだ。地名の「JOKKMOKK」はサーミ語(北欧のラップランドに住む民族サーミ族の言語)で「川の曲がり目」を意味する。水力発電を主産業とし、今もスウェーデンの全電力の25%をヨックモックが供給しているという。

ヨックモックではトナカイが放牧され、工芸品、衣料、運搬用に使われる(写真:JOKKMOKK観光局)

スウェーデンの町「ヨックモック」と日本の「ヨックモック」は、今も交流を続けている。

1983年には藤縄利康(会長)がJOKKMOKKを訪問、1997年にはJOKKMOKKの観光団が、日本のヨックモック社を訪れた。その後もカードやクッキーの交換を続け、2013年7月には、渡邊太郎前社長(現・相談役)がJOKKMOKKを訪問、同年11月にはJOKKMOKK観光局長がヨックモック本社を訪問するなど、アットホームな関係を続けてきた。

次ページ2019年にヨックモックは設立50周年を迎える
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT