インスタに映えまくるカラフルチョコの正体

着色料使わずにピンクや赤、黄色を実現

仏ヴァローナ社が開発した、真っ赤なチョコレートを使ったチョコレートケーキ

チョコレートが花束のごとくカラフルに進化してきている。「チョコレート色」といえばほとんどの人はブラウンをイメージすると思うが、インスタグラムなど、SNSの影響で、チョコレートにも「フォトジェニック」な要素が求められるようになった。

世界の有名チョコレートメーカーが、立て続けにカラフルな新商品を投入してきている。注目したいのは、それらが「着色料を使っていない」ことだ。

ピンク色のチョコレートが話題に

その一つが世界初のピンク色のチョコレート「ルビーチョコレート」。

「ルビーチョコレート」を使った、桜イメージのチョコレート(©️ バリーカレボー社)

女性がとびつきそうな可愛いカラーだが、色付けはされていない。開発したのは、スイスを拠点にする世界最大のチョコレートメーカー、バリーカレボー社。開発に13年をかけた新商品で、2017年秋に上海で発表され、ネット上で話題となった。

ルビーチョコレートは、従来のカテゴリー「ブラックチョコレート」「ミルクチョコレート」「ホワイトチョコレート」のいずれにも属さない。

「ピンクのチョコレートなら見たことがある」

という方も多いと思うが、実はそれは「ピンク色のホワイトチョコレート」だ。ホワイトチョコレートにラズベリーなどの素材やフレーバーや着色料を加えて色と味をつけたもので、フレーバーチョコレート、カラーリングチョコレートの部類となる。しかし「ルビーチョコレート」はそもそもピンク色で、色をつけていない。

次ページルビーチョコレートの製造工程は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。