インスタに映えまくるカラフルチョコの正体

着色料使わずにピンクや赤、黄色を実現

仏ヴァローナ社が開発した、真っ赤なチョコレートを使ったチョコレートケーキ

チョコレートが花束のごとくカラフルに進化してきている。「チョコレート色」といえばほとんどの人はブラウンをイメージすると思うが、インスタグラムなど、SNSの影響で、チョコレートにも「フォトジェニック」な要素が求められるようになった。

世界の有名チョコレートメーカーが、立て続けにカラフルな新商品を投入してきている。注目したいのは、それらが「着色料を使っていない」ことだ。

ピンク色のチョコレートが話題に

その一つが世界初のピンク色のチョコレート「ルビーチョコレート」。

「ルビーチョコレート」を使った、桜イメージのチョコレート(©️ バリーカレボー社)

女性がとびつきそうな可愛いカラーだが、色付けはされていない。開発したのは、スイスを拠点にする世界最大のチョコレートメーカー、バリーカレボー社。開発に13年をかけた新商品で、2017年秋に上海で発表され、ネット上で話題となった。

ルビーチョコレートは、従来のカテゴリー「ブラックチョコレート」「ミルクチョコレート」「ホワイトチョコレート」のいずれにも属さない。

「ピンクのチョコレートなら見たことがある」

という方も多いと思うが、実はそれは「ピンク色のホワイトチョコレート」だ。ホワイトチョコレートにラズベリーなどの素材やフレーバーや着色料を加えて色と味をつけたもので、フレーバーチョコレート、カラーリングチョコレートの部類となる。しかし「ルビーチョコレート」はそもそもピンク色で、色をつけていない。

次ページルビーチョコレートの製造工程は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT