落語家はなぜ噺を忘れないのか 柳家花緑著

落語家はなぜ噺を忘れないのか 柳家花緑著

伝承芸で台本のない古典落語を噺家はいかに覚え、自分のものにするのか。戦後最年少で真打に昇進した人気落語家が語る噺家の“手の内”。

著者は師匠の噺を一言一句違えずにノートに書き起こし暗記していくタイプだが、兄弟子の立川談春は一度聞いただけで覚えてしまう天才肌とか。しかし誰しもそのネタを自分の芸にするため試行錯誤しながら創意工夫を重ねている。その時間とそこに込められた情報が噺をただの台詞としてではなく、ひとつの短い芝居のように立体的なものとして落語家の頭に刻んでいくのだという。

祖父である人間国宝五代目柳家小さんをはじめ名人たちの教えが、個性豊かなエピソードも交えて綴られている。

角川SSC新書 840円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。