「GAFAの本質」を知らないと勝ち組になれない

「IT四強」が変えた世界を生き抜く4大習慣

「GAFAの本質」は、積極的に使ってみないとわからない(画像:Urupong / iStock)
Google、Apple、Facebook、Amazon――GAFA。
これら4社は、私たちの生活とビジネスのルールを根本から変えつつあり、これからも変え続けるだろう。「GAFA(ガーファ)」という言葉は、「2018ユーキャン新語・流行語大賞」候補にもノミネートされた。
GAFAの強さの秘密を明かし、その影響力に警鐘を鳴らす書籍『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』は、日本だけでなく世界22カ国で続々と刊行され、話題を集めている。
本書では、「GAFAが支配する世界で個人が成功する」ための23の秘訣を紹介している。そのうちの4つを、本書を一部抜粋のうえ再編集してお届けする。

「よい職」は何かをなしとげた人の特権になった

ある分野で目標を達成できた人は、すべての分野で目標を達成できる。フィールドホッケーの地区リーグで決勝に進む。小学校の綴りコンクールで優勝する。軍服に勲章を飾る。何かをなしとげることは、何度でも繰り返せる習慣だ。

『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』は、10万部のベストセラーとなっている(画像をクリックすると特設サイトにジャンプします)

そもそも競争に参加していなければ、勝者にはなれない。勝つためにはまずフィールドに出て、リスクを背負い(顔を殴られるかもしれない)、ときには失敗の屈辱に耐えなければならない。それでこそ何かをなしとげられる。競争には勇敢さと、行動する意志が必要だ。

スティーブ・ジョブズは2000年にアップルに戻り、自分はAランクの人間しか雇わないと発表して厳しく批判された。Aランクの人間はAランクの人間を雇い、Bランクの人間はCランクの人間を雇うと言ったのだ。しかし彼の言うことは正しかった。勝者は他の勝者を知っている。入賞レベルの人間を雇うだけではライバルに脅かされる。

競争に参加するには何事にもへこたれない根性がいる。持久力が必要なスポーツ(ボート、体操、水球、陸上)は、根性を育てる絶好の機会だ。

次ページ「GAFAの本質」は、こう理解しよう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。