MacBookAirとiPadPro、どっちを買うべき?

「パソコン」を選ぶか、性能を取るか

設計が古かったMacBook Airはこのところ、価格の安いエントリーレベルのブランドだとみなされてきた。しかし、新しくなったMacBook Airは少し役割が変わってくるようだ。「アフォーダブル(手頃な価格)で可搬性の高いMac」という位置付けには、従来のMacBook Airがラインナップに残るからだ。

一方の新しいMacBook Airは、MacBook Proなど最新モデルが採用する技術トレンドを採用しつつ、クリエーターや開発者向けに商品が設計されているMacBook Proから一般的なビジネスパーソン、あるいは学生などに不要な要素を取り除くことで、コストパフォーマンスやバッテリーの持続、あるいは薄型軽量といった部分を磨き込んでいる。

特にこだわりを感じるのが、そのスタイルだ。

初代MacBook Airから続くくさび形のフォルム(筆者撮影)

初代MacBook Airから続くくさび形のフォルムはそのままだが、今回は外層部のどこにも吸排気のスリットが見えない。

実はヒンジ部の見えにくい部分に空気の出入り口が作られているが、MacBook Airは一般的な薄型ノートパソコンの半分以下の消費電力のプロセッサーを搭載することで、まるで冷却ファンが装着されていないかのようなクリーンなスタイルを実現している。

ぴったりと合わさる高精度の液晶部と本体部の関係性も含め、工芸品のような精緻な印象をもたらす緻密な作りがMacBook Airの魅力だろうが、実はそのパフォーマンスは実に計算されたものだった。

ユーザーインターフェイスの「質」を重視

前モデルのMacBook AirはMacの中でも特に人気が高く、長い間販売されてきた製品だった。その理由の1つは購入しやすい価格にあったが、もちろんそれだけが理由ではない。

MacBook Airが支持されてきたのは、13.3インチという仕事をするために必要十分な作業性を持つディスプレーと、19ミリキーピッチで縮小キーを配置しないキーボードを搭載しつつ、薄くカバンへの収まりがいいパソコンだったからだ。

新しい世代でも、MacBook Airの基本的な美点は踏襲されている。

キーボードは第3世代バタフライ構造キーボード。超薄型を実現するためのキーエレメントとして、2015年モデルのMacBookで導入されたのがこの構造だったが、一方で打鍵音や信頼性に対する問題の指摘もあった。こうした問題に対処を進め、おだやかな打鍵音と感触を実現している。

次ページ信頼性問題にも対処が行われた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT