子どもの教育費に無頓着な親が知らない基本

教育費はローンと奨学金どちらを選ぶべきか

子どもが大学卒業までにかかる教育費は、私立と公立ではどのくらい違ってくるのだろうか?(写真:zon/PIXTA)

「1人あたりの教育費は○万円」といった情報を目にしたことはないでしょうか。

一般的には、小学校から大学まで公立だと1000万円とか、2000万円とかいう数字が出されることもあります。

そのうち、費用が最もかかるのは大学時代です。国立大学で400万〜500万円、私立だと700万〜800万円くらい(平成29年度「教育費負担の実態調査結果」日本政策金融公庫より算出)、私立の医学部にいたっては6年間で3000万〜4000万円という数字もあるほどです。

意外とかさむ1年間の習い事などの費用

なお“大学までオール公立で1000万円”という数字は、学費だけではあり
ません。習い事や塾の費用も含まれています。

ちなみに習い事などを含めた文部省の調査は、下記になっています。

1年間の子どもの学習費総額(文部科学省平成28年度子供の学習費調査)
・公立幼稚園: 23万4000円、私立幼稚園: 48万2000円
・公立小学校: 32万2000円、私立小学校:152万8000円
・公立中学校: 47万9000円、私立中学校:132万7000円
・公立高等学校(全日制): 45万1000円、私立高等学校(全日制):104万円
・すべて公立に通った場合の学習費総額:約540万円
・すべて私立に通った場合の学習費総額:約1770万円(公立の3.28倍)

私のところにも「大学までかかる教育費を試算してくれ」と依頼されることがありますが、習い事などの平均費用を調べて計算に含めますから、必ずしも1000万〜2000万円かかるわけではないわけです。私立高校に入った人の中には、大学進学のフォローがしっかりしているため、塾通いがいらずかえって安くついた、という人もいます。大学の学費にしても、奨学金などの制度を利用する方法もあります。

子どもの教育費を抑えるために、まず見直しを図りたいのは習い事の費用です。

多くの場合、習い事費用がかさむ家庭の子は、「子どものため」という大義名分で、親がやらせたいことを習っています。子どもに聞いてみると、「やりたいわけではない」「何となくすすめられて」というケースも多いのです。

次ページ学歴別平均年収を見てみると…
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。