AKB48「大西桃香」、動画配信で覚醒した612日

朝5時半から始まるシンデレラ・ストーリー

きっと、最初は一番にレッスン場に行くのと同じテンションで、朝5時半の配信を始めたのだろう。違いは、レッスン場の扉を開けたときには誰もいないかもしれないし、褒めてくれるのもスタッフ数人だろうが、SHOWROOMには待っていてくれるファンがいたこと。そして目に見える形でファンが増えていく。大西さんにとっては、毎日が「よっしゃ!」の連続だったに違いない。

そして、過去最大の「よっしゃ!」は、大粒の涙とともに訪れた。今年6月16日に行われた第10回AKB48世界選抜総選挙。過去4回、圏外だった大西さんが、2万6363票を獲得、38位にランクインしたのである。

「今年は100位からの発表で、そのときから不安で泣いていました。今年は票数が全体的に多かったから、70位ぐらいで『ああ、もう無理だな』と思って。それから開き直って、チーム8のみんなを祝福しようと思い、名前が呼ばれるたびに『おめでとう!』ってお祝いしていたときに、自分の名前が呼ばれたので、もう本当に信じられなかったです。それから2、3カ月、実感もわかなかったです」

大西さんのもうひとつの夢だった「総選挙でのランクイン」は、朝5時半からの配信を始め、612日目に現実となった。

写真集では実家の部屋をおさめた

『AKB48 チーム8 大西桃香1st写真集 夢の叶えかた。』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

その翌々日からは写真集『夢の叶えかた。』(10月3日発売)の撮影がスタート。初めての本格的な撮影で「夢見ごこちみたいな感じ。ずっとふわふわしていました」と大西さんは振り返る。

写真集のページには、部屋の中でタブレットにほほ笑みかけているカットがある。実はこの写真は、ある日の朝、5時半からの配信を終えた後に撮影された。

「私が住んでいる実家の自分の部屋です。服も衣装じゃなくて、SHOWROOMで配信した後の寝巻のまま。自分の部屋にあんなに大人の人がいるのは初めてでした(笑)。ファンの方に、いつもこうやって配信してるんやって、思ってもらえたら嬉しいですね」

朝5時半からの配信は、今年の8月13日にいったん休止となった。今年の4月から8月まで自宅に帰れない日々が続くほど仕事が忙しくなり、配信を続けることで体調管理が難しくなっていたそうだ。それでも時間を夜に移し、毎日の配信は継続している。9月12日には700日を突破した。

「楽しいから、時間があるときは、気づいたら1、2時間経ってるんですよね」

駆け抜けてきたこの2年間で、立場や環境は大きく変化したが、やはりSHOWROOMが自分のホームなのだろう。800日、900日、1000日……連続配信がいつまで続くのかはわからない。それでも、大西さんは毎日言葉を掛け合い、親密な関係を築いてきたファンとともに歩み続ける。「よっしゃ!」を重ねながら。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT