AKB48「大西桃香」、動画配信で覚醒した612日

朝5時半から始まるシンデレラ・ストーリー

毎朝バッチリメイクをしていた大西さんだが、日が経つにつれ、マスカラをしなくなり、チークをしなくなり、眉毛を描かなくなり、メイクもしなくなった。ファンの前にすっぴんで登場するアイドルは珍しいですね?と尋ねると、大西さんは「カップルみたいなものです」とほほ笑んだ。

「最初は、めちゃめちゃおしゃれするじゃないですか。でも慣れてくると、すっぴんでも大丈夫になる、みたいな感じといっしょなのかなって」

SHOWROOMのアピール配信イベントでは見事トップに立った(撮影:今祥雄)

大西さんにとって、配信は、遠距離恋愛の恋人同士が毎日電話で近況を報告し合うような感覚だったのかもしれない。だから体調や機嫌が悪い日はそれを隠さなかった。朝5時半にSHOWROOMのアプリを開くと、アイドルとしての「大西桃香」ではなく、文字通り素顔の大西さんがいた。そこに惹かれたファンが、大西さんの目の前に姿を現すようになった。

「最初、私は握手会の人数が一番少なかったんですけど、配信を始めてから急激に増えたんです。握手会でも『いつも5時半のSHOWROOM見てるよ』と言ってくださる方も多くなって。SHOWROOMがなかったら、握手会まで来てくださるファンの方は、こんなに増えへんかっただろうと思います」

毎日7時間配信で、300人超の頂点に立つ

2014年にAKB48に加入して以来、大西さんは、シングルの楽曲を歌うメンバーをファン投票で選抜する総選挙で4回連続で圏外だった。ところが、いつのころか「朝5時半の女」と呼ばれ、存在感を高めていった。それが如実に表れたのが、2017年の総選挙期間中に行われた、SHOWROOMでのアピール配信イベントだ。

5月25日から総選挙前日の6月16日まで、AKB48のメンバー322人のうち、308人がSHOWROOMで総選挙に向けたアピール配信を行った。このイベントでは、視聴者から無料アイテムが贈られたり、コメントがつくとポイントになって合計ポイントで毎日のランキングが発表されたりした。

 このアピール配信イベントで、307人のメンバーをおさえてトップに立ったのが、何と大西さんだった。1年前には、チーム8の16人の中でも目立った存在ではなかったことを考えれば、まさに快挙といえるだろう。このイベントを振り返ると、1位という結果は、まさにファンとともに勝ち取ったものだったとわかる。

以下は配信イベントでの大西さんの実績だ。

・イベント中の総配信時間:161時間18分
  (2位の中井りかさん/NGT48は111時間07分)
・イベント中の配信回数:183回
  (2位の中井りかさん/NGT48は137回)
・イベント中1日あたりの配信時間:7時間
  (2位の中井りかさん/NGT48は4時間49分)

イベントが開催されていた23日間で、毎日平均7時間もの配信。想像するだけで気が遠くなるが、トップの大西さんはやり遂げた。

次ページ実行した2つの格言とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT