神戸洋菓子店が破綻、「地方スイーツ」の落日 老舗「モンブラン」破綻が意味すること

拡大
縮小

また、海外旅行をする人も増え続け、神戸の西洋文化発信地としての魅力は薄れた。少子高齢化も進み、企業は、ビジネスモデルを変えなければならなくなっていく。

現在の神戸市は、神戸市経済観光局が2016年に発表した「神戸経済の現状」から厳しい状況が続いていることがわかる。そのレポートによると、中心産業のケミカルシューズ、真珠輸出、清酒のいずれも阪神淡路大震災前後と比べて低迷している。また、洋菓子と密接に関係がある百貨店についても売上高は下がっている。

東京に出るか、地元で愛されるか

神戸で人気を保っている洋菓子店を眺めると、大手のモロゾフやユーハイムのほか、昔ながらの人気ケーキがある老舗、元町ケーキや、オーナーパティシエが現代の名工に選ばれるなど、技術力の高さで定評があるツマガリが目につく。人気店には、地元の人に加えて観光客も訪れる。

モンブランの場合、経営が厳しい中でも、3店を新規出店するという戦略をとった。しかし、スイーツ需要の低迷に伴う競争激化が進む中、「中途半端」なポジショニングとなってしまい、出店コストを吸収できなかったのではないか。

帝国データバンクによると、2015年6月には売上高が6億6500万円あったのが、2018年6月期には5億2100万円に縮んでいることから鑑みても、焦りがあったのかもしれない。

大手のモロゾフやアンリ・シャルパンティエのように、競争はより厳しいが、市場も大きい東京への進出を目指す店がある一方、着実に技術を磨き、地元の人に愛される小さな洋菓子の名店を目指すか。その両端しか、市場規模が小さい地方で生き残る道はないのではないだろうか。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT