「アマゾンで売れたビジネス書」トップ200冊

上位陣に変動あるも1位は先週と変わらず

1位は変わらず、上位陣には変動があった1週間でした(画像:tomos / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、10月7日~13日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

上位陣に変動あるも、1位は不動の『アウトプット大全』

今週(10月7日~13日)の1位は、先週に続き『学びを結果に変えるアウトプット大全』(樺沢紫苑著、サンクチュアリ出版)だった。いまだに人気が衰えず、7日間を通じて安定的に注文が入っているという。

『学びを結果に変えるアウトプット大全』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、先週ランク外だった『プチ哲学』(佐藤雅彦著、中央公論新社)が躍り出た。日テレ「スッキリ」で、俳優の風間俊介氏が紹介したことが影響した模様だ。

3位は先週13位だった『日本が売られる』(堤未果著、幻冬舎)、4位は先週460位だった『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密』(高井浩章著、インプレス)だった。

8位にも先週249位の『消費は0.2秒で起こる! 人を動かす「脳の法則」』(西田文郎著、現代書林)が入るなど上位陣に変動がある中、改めて1位『アウトプット大全』の強さが目立った。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「読書の秋に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT