「アマゾンで売れたビジネス書」トップ200冊

「アウトプット大全」が1位をキープ

ウェブ上で「全文公開」している書籍が、上位に食い込んできました(画像:U-taka / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、9月30日~10月6日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

上位陣に大きな変動なし

今週(9月30日~10月6日)の1位は、先週に続き『学びを結果に変えるアウトプット大全』(樺沢紫苑著、サンクチュアリ出版)だった。いまだに人気が衰えず、7日間を通じて安定的に注文が入っているという。

『学びを結果に変えるアウトプット大全』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位も先週と変わらず、「村上ファンド」で一世を風靡した村上世彰氏の『いま君に伝えたいお金の話』(幻冬舎)がランクイン。3位は先週4位だった『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』(伊藤羊一著、SBクリエイティブ)、4位は先週3位だった『amazon 世界最先端の戦略がわかる』(成毛眞著、ダイヤモンド社)だった。

上位陣に大きな変動がない中、注目なのが6位にランクインした『ビジネスモデル2.0図鑑』(近藤哲朗著、KADOKAWA)だ。ウェブ上で全文を公開しているにもかかわらず徐々に順位を上げており、今後の展開が注目される。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「読書の秋に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
  • さとり世代は日本を救うか?
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。