社内政治に弱い人がわかってない6つの能力

会社も社会も「綺麗事」だけでは回らない

このように手段を選ばず、使える手は何でも使い、多少荒っぽくても人を動かすようなものが必要になります。つまり、「権謀術数」とも言うべきものです。一般にはダーティかつ冷たい印象が強いこの言葉と「社内政治」は切っても切れない関係にあります。それが社内政治を「腹黒い」などと忌避させる最大の原因にもなっています。

しかし、自分の利益はもちろん、チームの利益のため、さらにそれが会社の利益のためになるのであれば、否定されるべきものではないはずです。

また、自分を陥れようとする勢力に対して、純粋無垢な「正義」、理想論だけで対抗するのは心もとないはずです。一般のビジネススキルとともに、そうした社内政治力をバランスよく身に付ける必要があるのです。

社内政治力を発揮するための5つの作戦とは?

では、この6つの社内政治力を発揮するためには、具体的に何をすればいいのでしょうか? それは、次の5つの作戦を使うのです。応用したり、組み合わせたりすることで、社内政治力は格段に向上します。

その基礎は、戦国時代の戦いを参考にしていますが、現代の組織においても十分通用するものです。

◎同盟作戦:多数派工作

利害が対立する相手の思うように進まないよう、社内の主要部門のキーパーソンを味方にして、対立相手の仕事に簡単に協力しないように連携して行動する作戦。

◎諜報作戦:情報を使っての誘導

対立相手のダーティさ、ずるさ、自己保身などのネガティブ情報のうわさを社内に意図的に流す。これにより、対立相手の評判を下げ、無力化する。また、相手のNOという立場をYESに誘導するための情報を意図的に流す作戦。

◎囲み攻め:会議において数で押す

相手を数で圧倒する攻め方。自分の社内人脈、利害が一致する他部門のキーパーソンを仲間にし、自分サイドは複数、相手は単独になるように会議を設定し、自分の意見に同意してもらい、相手を多数の力で圧倒する手法。味方がなく、他部門に囲まれた相手は反論し続けることが難しくなる。

◎兵糧攻め:相手のリソース供給停止

相手が何かをする際に必要とする資源(金=経理部門、人=人事部門)の供給先と共同し、金や人、その他の経営資源の供給を止める、または減少させる手法。リソース供給が滞った相手は動くことが難しくなる。

◎水攻め:権力者から高い圧力を加える

会社の権力者(社長、役員)などから命令してもらって相手を動かす。最も破壊力が高いので水攻めと呼ぶ。対立を解消する力は抜群だが、何度も使うと相手から恨まれ社内で嫌われて、そのうち返り討ちにあうので多用はすすめない。

次ページ立場の強い人を動かすのは容易ではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT