海陽学園、「日本一学費が高い」説は本当か?

中島尚正校長に「全寮制」の狙いを聞く

自由時間はほとんどない生活で何を身につけるか

――男子だけのコミュニティで6年間を過ごすというのは、どういう感じなのでしょうか?

画像を拡大
部屋は散らかさないように頻繁に引っ越しがあるという

もちろん、ケンカはしょっちゅうありますよ。男だけで約700人が共同生活を送るわけですから、個人の価値観はぶつかります。だからこそ規律が必要になります。寮の中ではマンガもゲームも禁止です。携帯も学校で預かり、授業中もハウスの中でも使用を禁じています。

――マンガも禁止ですか……。ゲームはわかりますが、『ONE PIECE』くらいは多くの高校生が読んでいるし、多少はいいという気もします。こうした規律は「イマドキ」の子供たちには理解されないのではないですか?

残念ながら、うちの校風が合わずに、別の道を選ばざるをえない生徒がいることも事実ですが、規律がイヤで辞める生徒は少ないですね。辞める生徒の多くの理由は、「逃げ場がない」ところにあると思います。なにせ、寮と学校で四六時中一緒にいるわけですから。授業さえ終われば後は自由に過ごせる、ということはありません。放課後も予定がびっちり入っています。基本的に部活動は全員加入必須。多忙かもしれませんが、そこから時間を“作る”ことを学ぶのですから。なお、マンガについては雑誌を禁じています。それは、読書に親しむ機会を奪いかねないからなのです。

「学生時代は忙しいくらいがちょうどいい」。校長が語るように、海陽生の1日は多忙を極める。下図は海陽学園生の1日だ。6時15分に起床し、22時30分の就寝まで、18時から20時の2時間を除いて自由時間はほぼ、ない。

取材中、ちょうど部活動を終えた生徒たちが続々とハウスに戻ってきた。ここからはFMとHMの出番だ。校長いわく、FMとHMという仕事、なかなかに大変らしい。

大変なのは生徒だけではありません。FMはもっと大変かもしれません。今まで身を置いてきた会社組織とはまったく違う環境です。会社組織では肩書や指揮系統で部下をまとめることができた。ですが、ここではそうはいきません。一般的には反抗期を迎える年齢です。中にはやんちゃな生徒もいて、ただ頭ごなしに命令しても、「そんな規則とか命令なんか従えるか!」と反抗心をむき出しに、FMやHMに食ってかかります。

ハウス内には独自の標語が掲げられる

それに、もし、寮内での逸脱行為、たとえば、いじめやケンカがあれば、その責任は生徒と学校が負います。ケンカした生徒の親同士が出て、謝るなんていうことはありません。

ですから、FMとHMの責任は重大です。では、いかに生徒と話をしてわかり合っていくのか、FMの中には夜中まで生徒とじっくり話し込むことがあるようです。いわば彼らの“人間力”が試されているのです。

生徒たちもそうやって社会人と接していくうちに、自分が将来「こうなりたい」という理想像をぼんやりと描くようになります。「ならば、なすべきことはなにか」、どこの学部に進学したいのか、自分の将来から逆算して考えるようになります。だからうちは東大の合格者数だけにこだわらないし、こだわりたくない。基礎学力は人間形成のうえで、必要条件ですが、十分条件ではありません。

次ページ「日本一学費が高い」説は本当か?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング