「安倍3選後の日本経済」が苦しくなる理由 消費増税で株価が下がれば投資チャンスだ

✎ 1〜 ✎ 71 ✎ 72 ✎ 73 ✎ 74
拡大
縮小

中野:確かに、時間が経過すると慣れるのかもしれませんが、10%というキリのいい数字だけに、何だか買い物をするときとか、必要以上に意識してしまうような気がしますね。

藤野:また節約ブームが来るかもしれませんね。今も、日本人ってデフレマインドが強いから、消費税率の引き上げによって、再びデフレスイッチが入ってしまうかもしれません。つくづく思うのですが、日本人って一消費者に限った話ではなく、経営者も含めてインフレ耐性が弱いと思いますよ。

デフレスイッチがあるかぎり、日本は「外需頼み」に

渋澤:それは確かに。なぜでしょうね。

藤野:今の経営者は、多くがデフレ対策で偉くなったからではないでしょうか。デフレスイッチがあるかぎり、日本はいつまで経ってもデフレから脱出できないと思います。となると、日本経済がよくなるかどうかは外需次第です。

企業価値だけでなく、物事の本質を見極める力がある。「草食投資隊」が個人投資家から支持されている理由はここにある(左からセゾン投信の中野晴啓社長、コモンズ投信の渋澤健会長、レオス・キャピタルワークスの藤野英人社長兼CIO)(撮影:今井康一)

中野:その意味では、中国経済の行方が懸念されます。

藤野:悲観的ですよね。う~ん、落ちを付けるのが難しいのですが(笑)、やはり安倍政権3期目の日本経済は、ちょっと苦しいということでしょうか。

中野:積み立て投資は下がっている局面こそたくさん買えるので、どこかで底を打ち、再び上昇したときは、とても有利な運用が期待できます、ってところで、草食投資隊のメッセージとしましょうか。

渋澤:あまり代わり映えしないですが、やっぱりそれが真理ですしね。

藤野:「辛抱する木に花が咲く」という言葉もありますしね。がんがん上がっているときは、投資で利益を得るのが難しいのですが、下がっているときほどお金持ちになるチャンスですから、とにかく下がっているときにコツコツ積み立てをして、再び上昇に転じるのを辛抱して待つのが大事ですね。

草食投資隊 渋澤 健、中野晴啓、藤野英人

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

そうしょくとうしたい

コモンズ投信会長・渋澤 健、セゾン投信社長・中野晴啓、レオス・キャピタルワークス社長CIOの藤野英人の3氏で結成。根底には、「長期投資を根づかせたい」という3人の熱い思いがある。「草食投資隊」という名前は、投資=肉食系というイメージが一見つきまとうが、本質は違うのではないか、という3人の共通の考えによる。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT