「ポケモンGO」再開したらこんなに楽しかった

「過去の資産」を生かせてレベルアップも楽に

大型アップデートの前までは、強いポケモンを手に入れるにはポケモンの出現場所情報をなんとか入手し、何時間も街を徘徊しないといけませんでした。

ですが、「レイドバトル」を行うことで強いポケモンが高確率で入手できるようになっています。

たとえば、僕は引退前は強い「バンギラス」を目指して、お台場で個体値の高い「ヨーギラス」を求めては強い風の中さまよいまくっていたのですが、今は進化後のバンギラスで個体値の高いものがレイドで簡単に手に入ります。

過去にレイドで入手できたポケモンの中では、いちばん難易度の高いと言われている「カイオーガ」でも、その捕獲率は2%くらい、カーブボールで捕獲すれば3.4%に、ナイススロー、グレートスロー、エクセレントスローでさらに捕獲率は高まりますし、「きんのズリのみ」でさらに捕獲率が高まります。ズリのみが1.5倍ですので、仮にきんのズリのみが2倍だったとしても6.8%。バトル結果によっては13回ボール投げにチャレンジできるので、圧倒的に楽になっています。1日複数回チャレンジするにしても、1回100コインと納得がいく価格設定です。

あの「ミュウツー」も頻繁に出現(画像:ポケモンGOより)

9月23日~10月23日は、強力なポケモン「ミュウツー」のイベントも開催中です。今まで個体値の高いポケモンをゲットするために何時間も街を徘徊してたことを考えると、期間限定イベントとはいえ、課金さえすれば期間中毎日何度でもチャレンジできるのは魅力的です。10月1日まではマクドナルドの対象店に昼の3時に行けば確実に出会え、お昼を遅めにとる人が増えたという話も聞いています。

【2018年10月5日21時00分追記】記事初出時、現在もマクドナルドでミュウツーに出会えると記載しておりましたが、10月1日までの限定イベントでしたので修正致します。

余談ですが、筆者は初日以降ずっとチャレンジしているのですが、3匹捕獲後、6連続で失敗しています。

さて、レイド時の注意点が2つあります。

1つはレイドに参加するためのレイドパス(無料)は、入手は1日1回、1度に所有できるのは1枚まですが、使用回数に関しては制限がありません。

いいレイドがなかった場合、無理してその日のうちに使用しなくとも、翌日に前日のレイドパスを使用したうえで、新規にレイドパスを入手して、2度目の使用をその日に行うなんてことも可能です。

課金せずにレイドを楽しむため、毎日レイドパスを取り逃がさないのはもちろん、使用時も無駄なく使いたいものです。

フレンド機能で楽しく遊べる

僕もフレンドと実際に遊んでみましたが、昔一緒にポケモンを探しに行ったりしたときよりさらに楽しく、かつ完全なボウズ状態も少なく、一緒にプレーし、一緒に成功体験を共有するという楽しみが増してます。

フレンド同士ではポケモンの交換も可能で、さらに交換時には「キラキラ」が発生することもあります。このキラキラが発生すると、個体値が低いポケモンが高い個体値のキラポケモンに生まれ変わります。

次ページ一緒に遊ぶことでさまざまな恩恵が受けられる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT