原料は危ない人毛も?激安サプリは買うな

「サプリメントの正体」の著者がやさしく解説②

この人毛アミノ酸、あまり気分のいい話ではないと思いますが、それ以外に安全性の面でも心配な点があります。髪の毛というのは、一種の排泄器官でもあり、体に入ってきた有害な重金属(水銀など)を排出する役目も担っています。

中国は今、大気汚染、水質汚染、土質汚染が深刻な状況となっています。そうした環境で暮らしている人の髪の毛には、一般的に有害物質がより多く含まれている可能性がある、と考える方が自然でしょう。そういうものを原料としたサプリメントを口にするリスクを考えて欲しいと思います。

とはいえ、何がアミノ酸の原料に使われているかは、パッケージからは読み取れません。アミノ酸原料の規格書には「原産国 中国」「原料起源 人毛」と記載されているのですが、そうした情報をわざわざパッケージに書くメーカーはまずありません。また、問い合わせたところで、正直に答えてもらえるとも思えません。こうした視点からも、あまりに安価なアミノ酸系のサプリメントは避けたほうがいいと思います。

添加物コテコテのサプリにも注意

また、サプリメントは、栄養素や有効成分だけで作られているわけではありません。味をつけるための甘味料、日持ちをよくするための保存料、それから増量剤や形を作るための賦形剤など、さまざまな添加物が使われています。サプリメントを作る上で最低限必要な添加物はあるのですが、中には添加物が大量に使われているものもあり、中には重量の99.9%が添加物というサプリメントもあります。

こうした添加物の中にはアレルギーを起こしたり、毒性が心配されるものもあります。サプリメントの添加物としてよく使われる「乳糖」は、日本人に多い「乳糖不耐症」の人が摂ると、お腹の調子が悪くなりますし、乳製品にアレルギーのある人にとってはアレルゲンとなります。

またドリンク剤、ゼリー、チュアブルタイプに多く使われる人工甘味料には、安全面での問題が懸念されているものもあります。たとえばアスパルテームは脳腫瘍や発ガン性の可能性、アセスルファムKは肝臓へのダメージや免疫に影響を与える可能性、スクラロースは脾臓や免疫系、脳にダメージを与える可能性がそれぞれ指摘されています。粉末のアミノ酸サプリメントには、こうした合成甘味料が含まれているものも多くあると思います。

こうした実態を踏まえると、安易にサプリメントに手を出すのは、実は危険なことだと言わざるを得ません。健康のために摂っているつもりが、「飲めば飲むほど健康から遠ざかっている」かもしれないのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株主第一主義からの脱却は<br>なぜ必要か

米国の有名大企業のCEOらが、米国型資本主義の象徴「株主第一主義」を見直す声明を発表した。本誌コラムニストによる連載「ニュースの核心」では、格差拡大や中間層の消滅を防ぐだけでなく、マクロ経済政策としても有益であることを指摘。