乳酸菌が生活習慣病を救う?カネカが血中中性脂肪の低減効果を発見

樹脂や化成品、合成繊維、食品、電子部材などを多角展開する化学メーカー、カネカは6月18日、自社で保有する「R037株」と呼ぶ種類の乳酸菌に、血中中性脂肪の低減効果があることを発見したと発表した。

カネカはR037株の乳酸菌が、血中の中性脂肪を低減することを動物、ヒトへの試験を通じて確認。この研究成果を、6月14~15日に神戸市内で開催された「第16回日本腸内細菌学会」で発表した。

高い中性脂肪値は動脈硬化の原因となり、脳梗塞や心筋梗塞のリスク要因ともいわれる。カネカは今回の研究成果を基に、R037株についてサプリメントなどの機能食品への応用を検討する。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。