乳酸菌が生活習慣病を救う?カネカが血中中性脂肪の低減効果を発見

樹脂や化成品、合成繊維、食品、電子部材などを多角展開する化学メーカー、カネカは6月18日、自社で保有する「R037株」と呼ぶ種類の乳酸菌に、血中中性脂肪の低減効果があることを発見したと発表した。

カネカはR037株の乳酸菌が、血中の中性脂肪を低減することを動物、ヒトへの試験を通じて確認。この研究成果を、6月14~15日に神戸市内で開催された「第16回日本腸内細菌学会」で発表した。

高い中性脂肪値は動脈硬化の原因となり、脳梗塞や心筋梗塞のリスク要因ともいわれる。カネカは今回の研究成果を基に、R037株についてサプリメントなどの機能食品への応用を検討する。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT