原料は危ない人毛も?激安サプリは買うな

「サプリメントの正体」の著者がやさしく解説②

数年前からランニングに目覚めてしまい、毎週走っています。走る前にはこれを欠かさず飲んで筋力アップをはかっています」。そういって30歳の会社員Tさんが取り出したのはアミノ酸のサプリメント。「以前は大手メーカーのものを買っていたのですが、高いので最近ではネットでまとめ買いをしています。無名メーカーだけど、アミノ酸はアミノ酸だし、激安ですからね」

大半のサプリはカラダに有効のはず。だが、激安の通販商品などには注意が必要だ(撮影:梅谷 秀司)

だが、T氏購入の激安アミノ酸サプリ、もしかしたら原料に「人毛」が使われているかもしれない。医薬品と違い、サプリメントは食品に分類されているのだが、中には驚くべき原料が使われていたり、有効成分がホンの少ししか使われていない粗悪品もあるのだ。連載の第2回は、この原料の実態について。前回に続き、医療機関向けサプリメント製造専門メーカー社長で、『サプリメントの正体』(小社刊)の著者・田村忠司氏に解説してもらった。(第1回 がんに効く「特効薬的サプリ」はあるのか?はこちら

激安品には、有害物質含む人毛使用のケースも

アミノ酸系サプリメントの原料のアミノ酸は、タンパク質を分解して作ります。多くの場合は大豆などが原料に使われますが、激安品には「人毛」が使われている場合もあります。髪の毛はタンパク質でできていますから、分解すればアミノ酸になります。人毛を原料にしたアミノ酸は、中国などで生産されています。

実は、髪の毛をタンパク源にするのは何も今に始まったことではなく、日本でも戦中・戦後の食糧難の時代には髪の毛を原料に醤油を作ったといいます。

次ページ安い商品には、ワケがある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。