オバマの演説は「やりたい放題宣言」に等しい

オリバー・ストーン単独インタビュー(下)

日米同盟についてはどう考えるか?

大野:日米同盟についてはどのように考えますか。

ストーン:1949年に中華人民共和国が建国され、50年に朝鮮戦争が勃発すると、アメリカは反共の防波堤として日本を位置付け、方針を転換したのです。「ドミノ理論」(ある国が共産主義化すれば、ドミノ倒しのように近隣諸国が次々と共産主義化するという仮説)を提唱したアイゼンハワー大統領も、「日本はアジアのなかで最後のドミノである」と分析した。だからこそ米軍の前線基地を配置したのです。

岸信介はどういうわけか、権力の座に戻り、日米安保条約の締結をしました。岸は非核を口にしていたが、同時にそれを覆そうとしていました。1960年には日米間で密約が交わされました。ベトナム戦争の前は、沖縄は多くの米軍兵士の前哨基地でした。

大野:「密約」の存在は、長いあいだ日本政府に否定されていましたが、2010年、外務省調査委員会によって存在が明らかにされました。

ストーン:アメリカとの密約は、核兵器が日本に持ち込めるというものです。今日本に核兵器があるかどうかしりませんが、一時期日本に置かれていたと思います。沖縄には海兵隊や空軍が配置されており,イラク戦争のときも、前哨基地として使用されました。それほど米軍にとって沖縄は重要な拠点だということです。

一方、日本政府もアフガニスタン紛争の際には自衛隊を「人道支援」の名目で派遣し、治安維持を担うNATO(北大西洋条約機構)に多額の財政支援を行ないました。また、イラク戦争をブッシュが断行しようとした際には、フランス、ロシアとともに、親米的なスタンスだったドイツのシュレーダー大統領が反対を表明するなか、当時の小泉純一郎首相は真っ先に支持する姿勢を示しました。

ただ逆の側面から見れば、アメリカが行なう外交ゲームに、日本はずっと利用されてきたということです。日本は独立心をもたなければなりません。世代全体でナチズムを反省し、それを乗り越えようとするドイツを見習うべきです。

次ページ日中両国よ、国粋主義に陥ることなかれ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT