ユニクロ柳井氏が「グーグル」と手を組む理由

東京に「AIラボ」新設、激化するクラウド競争

実際、現在グーグルの中で最も急速に人員を増やしているのが、クラウド部門だ。内訳は明らかにしていないが、営業やマーケティング、そしてエンジニアの増員が著しいという。2017年には初めて四半期売上高が10億ドル(約1100億円)を超えたことを公表。全社(300億ドル強)と比べればまだ小さいが、前出のカナリスによれば、増収率は108%と上位3社で最も高い。

グーグルが大々的にイベントを開催したこの日、くしくも同じ都内では、アマゾンもクラウドビジネスにおける顧客支援の取り組みをアピールした。

アマゾンもクラウドの支援拠点拡充

同社は10月、スタートアップ企業などの開発支援拠点「AWS Loft TOKYO」を目黒の新社屋に開設する。常設の拠点としてはアメリカのサンフランシスコとニューヨークに次ぐ3カ所目だ。AWSのアカウントを持って入れば、ここにあるシェアオフィスを使ったり、AWSのエンジニアに質問ができたりする。

AWS Loft Tokyoの様子(写真:アマゾンジャパン)

同じフロアには「AWSデジタルイノベーションラボ」を併設。ここでは先端技術を体験できるほか、技術を用いたプロトタイピングやAWSのエンジニアとの協業が可能。ロフトやラボの利用はすべて無料だ。

AWSジャパン技術統括本部長の岡嵜禎氏は、「クラウドを上手く活用して、いかにデジタル変革を実現していくかということが、AWSユーザーの最大の関心事。IoTや機械学習を使いながら、変革の一歩を進められる場所にしたい」と話す。

アメリカ発クラウドの巨人たちは、ここ日本でも動きが活発だ。企業のクラウド移行の潜在需要は大きい。各社の金脈探しはますます激しくなりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT