業種を超えて「有翼ロケット」にのせた夢

将来的には国民みんなが飛べるようにしたい

様々なジャンルのフロントランナーからビジネスのヒントを聞く「飛躍のアルゴリズム」。今回のゲストは、宇宙ベンチャー「スペースウォーカー」代表取締役CEOの大山よしたか氏。2027年に計画している“夢の宇宙飛行”、その構想とは?

“宇宙飛行サービス”発表時の反響は?

――大山さんは、2027年に有人の宇宙飛行サービスを開始すると先日発表されました。反響はいかがでしたか?

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

反響はすごかったですね。記者会見当日もそうなんですが、やはり、しっかりとニュースにしてもらったことで、僕らがやろうとしている――日本がそのままやろうとしている夢だと思っているんですが、それを知っていただけたのはすごくうれしいですね。逆に言うと、僕らは各重工やJAXAとの契約がしっかりまとまるまで、あまり情報を出さずに進めていたので、知ってもらえてうれしいですね。

――それでは1つ目のキーワード「2027年 夢の宇宙飛行をあなたも!気になるお値段は?」。スペースウォーカーが目指している事業内容が、「2027年にスペースプレーンで人間を宇宙に飛ばす」というものです。そのイメージ図があるんですが、この宇宙船、NASAのスペースシャトルに似ているなという感じがするんですが?

そうですね。特徴は有翼と言って「翼」があるものをつくっています。それによって完全再使用を目指しています。

――スペースシャトルとはちょっと違う?

スペースシャトルは、高度400kmまで行ったり、軌道投入までしていました。当時はすごく大きいものをつくっていましたが、今は時代も違いますし、最新のもので人に特化したものをつくろうとしています。

次ページ日本人の手による初の有人宇宙飛行
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。