ビジネスマンに必要な「数学センス」の磨き方

テスト勉強では身につかない、数学の面白さ

上の図には、三角形が3つしかない。つまり△ABC、△ABD、△ACDだ。ここでもう1本の直線BFを加え、三角形の数を数えてみよう。

線分BFを引くと、次に挙げる三角形はその線分、あるいはその一部を辺として使っていることがわかる。△BED、△ABE、△ABF、△AEF、△BFCだ。

次に3本目の線分を加え、もともと示してあった図を完成させ、辺として線分CKを、あるいは辺として線分CKの一部を使っている三角形をリストアップする。以下のような三角形だ。△BGC、△BKC、△HEG、△DHC、△BKG、△AKH、△AHC、△GFC、△AKCだ。

ばらばらにする方式でアプローチ

こうして、元の図には合計で17の三角形が見られる。それらを比較的簡単に数えあげられたのは、1つずつ図形を再構成し、線分を加えると見えてくる新たな三角形をその都度数えたからだ。一般的にこれは、問題が一見して解けそうもないと思える場合に役に立つ手段だ。

この種の問題、つまり、ばらばらにする方式でアプローチすると極めて簡単に解決できる問題には、次のようなものもある。

次ページ図形問題に限らず使えるアプローチ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。