首都圏で地盤が不安な地域は一体どこなのか

想定外の災害に備えリスクを調べておこう

広大な木造住宅密集地域を抱える東京都では、1975年から5年ごとに地震による建物倒壊と火災発生のリスクを評価する「地震に関する地域危険度測定調査」を実施して独自にマップを作成・公開している。これらを1つずつ調べるだけでも大変だ。

国交省の国土地理院では、各自治体のハザードマップを簡単に検索できるように10年ほど前に「ハザードマップポータルサイト」を開設した。当初は自治体のサイトリンクを張る「わがまちハザードマップ」だけだった。だが、2014年から国土地理院の地図に、複数のハザードマップや地形図などのデータを重ね合わせて見ることができる「重ねるハザードマップ」の提供を開始した。

担当者に聞くと、実際にハザードマップを作成しているのは地方自治体で、各自治体のデータを地図に重ねる加工作業を国土地理院で行うため、「提供するのに時間がかかることがある」と言う。使い方としては、「重ねるハザードマップ」で災害リスクを把握し、「わがまちハザードマップ」から自治体のサイトに移動し、「最新のマップを確認してほしい」と言う。

災害発生直後は読まれているが…

ただ、ポータルサイトの利用状況は「災害が発生した直後にアクセス数が急増するが、普段は多くない」のが実情のようだ。住宅の売買などでハザードマップを事前に確認する人は少ないのだろう。

災害リスク情報を不動産取引にどう活用するか。地盤調査会社の地盤ネットホールディングスでは、通常の地図に、災害リスク情報を重ね合わせて見ることができる「地盤安心マップⓇPRO」を有償で不動産会社などに提供している。

その最大の特徴は、自社の地盤調査データと国土地理院が公表している浸水リスク、地盤の揺れやすさ、液状化リスク、土砂災害リスクの5項目を各20点の100点満点で点数化した「地盤安心スコア」だ。地図をクリックするだけで、調べたい場所の点数が表示される。東京都の市区町村の平均スコアのランキングは1位が利島村、2位国分寺市、3位西多摩郡瑞穂町。ワーストの62位は江東区となった。

2011年3月の東日本大震災で東京都江東区には液状化現象が起きた(撮影:尾形 文繁)
次ページ東京都地盤ランキング
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT