首都圏で地盤が不安な地域は一体どこなのか

想定外の災害に備えリスクを調べておこう

また今回、「地盤安心マップⓇPRO」を使い、地震による揺れやすさ、浸水・液状化の3つのリスクを重ね合わせた首都圏の地図を作成した。地図をよく見ると、湾岸や川沿いのリスクは高い。ただ、緑のエリア(低リスク)にも黄(中リスク)や赤(高リスク)が細かく混じっている。同じ地域でも場所によって状況は異なるので注意が必要だ。

ネガティブデータ開示への抵抗感は強い

画像を拡大
(画像:地盤安心マップⓇPRO)

同社では2017年2月に地盤安心スコアが80点以上(安心エリア)の優良物件だけの不動産情報サイト「JIBANGOO」を開設し、これまでに680件ほど成約した。今年2月には、アパマンショップが「地盤安心マップⓇPRO」を全店舗に導入し、顧客へ情報提供を開始した。大手不動産物件検索サイトにもこういった情報が表示されるのが望ましいが、ネガティブなデータを開示することへの抵抗感は強い。

ハザードマップの整備が進み、情報も手に入りやすくなっている。想定外の自然災害が発生する昨今、住む街を探すときに自ら情報収集していくことが必要となるだろう。

『週刊東洋経済』9月22日号(18日発売)の特集は「買って良い街 悪い街」です。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。