フェイスブック「リベラルすぎ」と社員が不満

政治的思想の多様性を求める声も

8月28日にはトランプ大統領がIT大手がバイアスをかけているとして、グーグル、ツイッター、フェイスブックを名指しで攻撃した(写真:Jon Nazca/File Photo/REUTERS)

フェイスブックの社内掲示板に先日、ある投稿が上がった。「We Have a Problem With Political Diversity(私たちは政治的多様性についての問題を抱えている)」というタイトルが付けられたその投稿は、すぐさま社内で拡散した。

ニューヨーク・タイムズが入手したその投稿を発信したのは、フェイスブックのシニアエンジニア、ブライアン・アメリジだ。「私たちは政治思想が単一的で、異なる見解に不寛容だ」とアメリジは書いている。「すべての見解を歓迎すると主張しながら、左寄りのイデオロギーと対立するような見解を示す人には(多くの場合は集団で)すぐに攻撃をする」。

社内にイデオロギーの多様性を

以来、100人以上の社員がアメリジに賛同し、「FB’ers for Political Diversity」というオンライングループに参加していると、グループのページを見た2人の人物が明らかにした。グループの目的は、社内にイデオロギーのダイバーシティ(多様性)の余地をつくることだと、アメリジは主張している。

このグループに対し、投稿がマイノリティに対して攻撃的であると反発する社員もいる。報復を恐れて匿名で取材に応じたエンジニアは、一部の社員は同グループについて幹部に苦情を訴えたものの、社内規定に違反していないと言われたと語った。

別の社員は、同グループは建設的で、異なる政治的見解を受け入れているようだと述べた。アメリジにコメントを求めたが、返答は得られなかった。

会社に対して異議を示す活動は、リベラルな社風とされるフェイスブックにおいて珍しい。全社員2万5000人以上の中でこのグループのメンバーはごく一部だが、これまでは同社の社員は他のIT大手の社員よりも上層部への反発に消極的と見られ、大半は最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカーバーグに忠実だ。

だがこの2年ほどフェイスブックは、社のプラットフォームを使ったロシア発の偽情報の拡散や、ユーザーの個人情報の不正流出など、相次いで危機的状況に追い込まれている。

次ページ最近は反保守に偏っているとの批判も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT