意外と知らない「旅行」と「旅」の決定的違い 目的を明確にすれば徹底的に楽しめるように

印刷
A
A

そうやって現地の人と交流して、ハプニングを期待しながら旅をするのもいいでしょう。そのほうが、確実に、自分だけの経験を得ることができるのです。またそういうハプニングは、いつ何時起こるかわからないので、行く前から寝起きする時間を決めておくことほど、無駄なことはありません。旅の場合は、そういったハプニングも含めて、思いっきり楽しみましょう。

旅と旅行では帰りの過ごし方も大きく異なります。旅行の場合は、遊び疲れて、帰りたくない……と現実逃避したくなるのがほとんどです。せっかくリラックスしにいったのだから、最後の最後までとことん現実逃避しましょう。そうすることで明日の活力につながると思います。

旅の場合、帰りに現実逃避をしちゃダメ!

一方、旅の場合は、帰りに現実逃避するほどもったいないことはありません。旅の中の経験で得た、さまざまな気づきを持ち帰って帰りの時間に、内省して、消化しましょう。そこにこそ、旅の一番の醍醐味である成長が詰まっているのです。旅を振り返って、なぜあの体験が楽しかったのか、つまらなかったのか、なぜあのお店に入ったのか、なぜあのアート作品がいいと思ったのか、なぜあの道は避けようと思ったのか……その経験が「なぜ」印象に残ったのか、その「なぜ」の答えにこそ、今まで気がつかなかった、自分の好き・嫌いが詰まっています。

そして、そこに本気で向き合うことで、新しい自分に気づけるのです。そう、「自分探しの旅」とは、帰りの移動時間で行うものなのです。海外旅行の帰りの飛行機なんて、最高の自分探しの時間です。携帯の電波が届かず、誰も邪魔する人はいません。そこで、旅を消化して、パワーアップして帰国しましょう。

このように、「旅」と「旅行」は、似て非なるものであります。プランニングの順序だけでも、行き先から決める旅と行くメンバーから決める旅行で、大きく異なります。だからこそ、旅に行くのか、旅行に行くのか、理解せずに決めてしまうと、せっかくの時間が台なしになりかねません。旅にリフレッシュを求めてはいけないし、旅行に成長を求めてはいけないのです。

でも、それを目的に応じてちゃんと使い分ければ、その旅や旅行は最高のものになるでしょう。今の自分に必要なものは、旅か旅行か見極めて、目的に相応しいプランニングをして、見知らぬ土地で、最高の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT