会社を休まず海外旅行「ひとりっぷ」のススメ

海外旅行年25回以上の猛者に聞く

週末に気軽に海外へ(photo © HITRIP)
会社員でありながら、週末や長期休暇を使って年間25回以上の海外旅行(すべてプライベート)に出かける「ひとりっP」さん。海外ひとり旅歴25年、400回を超える豊富な経験から生まれたトラベルガイド『今日も世界のどこかでひとりっぷ』が人気を博しています。ひとりっPさんがすすめる「ひとりっぷ(女子ひとり旅)」の魅力とその具体的な旅のスタイルについて話を聞きました。

思い立ったら誰でもHave a niceひとりっぷ!

――ひとりっPさんは会社員なんですよね。ふだんはどんなお仕事をされているんですか?

ひとりっP:集英社という出版社で、2013〜15年まで「SPUR」というファッション誌の編集長を務め、その後、つい先日まで「T JAPAN」という雑誌の編集などにたずさわっていました。

当記事は「HILLS LIFE DAILY」(運営:コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

――なるほど! ということは400回を超える海外ひとり旅というのは取材旅行なんですか?

ひとりっP:いえいえ、すべて仕事とは別の、完全にプライベート。世界の絶品スイーツパトロールからアジア各国食い倒れ、かわいい雑貨爆買い旅まで、業務とは一切関係ありません。

――そんなひとりっPさんの最初の海外旅行体験は?

ひとりっP:大学1年のとき、友人に「知り合い一家がオアフ島に住んでるんだけど、余っている部屋にただで泊めてくれるっていうから行かない?」と誘われ、女子3人で1カ月ほどハワイに滞在したのが初めての海外旅行です。その家のキッチンを借りて自炊生活。今でいうAirbnbみたいな感じですね。滞在中にダイビングのライセンスをとったのがきっかけで、必死にバイトしては1年に1回、グアムやサイパンに潜りに行くようになりました。卒業旅行は同級生女子計4人でタイ、マレーシア、シンガポールを1カ月、バックパックでまわって満喫しました。

社会人になって最初のGWは、書店での販売研修があったので旅行には出られず。その後も仕事を覚えるのに手いっぱいで海外どころではなく、夏休みは実家へ帰っただけ、冬休みもおとなしくひとり東京に。が、2年目のGWはタイで山岳少数民族の村へ、夏休みはブラジル、アマゾンへ、と、このあたりから弾みがつき始めましたね。以来、三連休には必ず香港をはじめアジア各地へ、GW・夏休み・冬休みの年3回の大型連休には秘境を求めて遠出。その繰り返しのなかでだんだん頻度があがって、いまは平均月2回のペースで海外に出ています。自分としては、なんだ、会社を休まなくても海外ってけっこう行けるんじゃん!と思いながら行き続けていたら、気づけば400回、って感じです。

次ページ旅はほぼひとりっぷ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT