売却は可能?西友の「適正価格」を大胆試算

関東の店舗の不動産価値を独自ランキング

23店の合計は約280億円となった。相続税の算定根拠となる路線価は、実勢価格に近い公示地価の8割といわれる。とすれば、西友が関東に持つ土地は約350億円という試算が成り立つ。地方にも33店の自社物件があり、北海道の手稲店や京都の山科店、福岡の春日店などが自社物件であることが確認できた。ただ、資産の中心は関東だろう。

「2000億円でも高い」

この試算に対し、2000年代半ばに産業再生機構でダイエーの再生計画立案に携わった松岡真宏氏(現・経営支援会社フロンティア・マネジメント代表)は、「350億円という数字は、思ったほど多くない」と語る。

小売り企業の価値は、店舗の不動産価格か、店舗が将来生むと期待されるキャッシュフロー(CF)のどちらか大きいほうを取ることが多い。

西友の業績にはさまざまな見方があるが、本誌の取材によると、16年度の売上高は約7800億円、営業利益は100億円近くとみられる(単独決算ベース)。

西友は老朽化した店舗が多く、建物の償却費はそれほど大きくないと推定できる。となれば、EBITDA(減価償却前の利益)は100億円+α。その10倍を事業面から期待できるCFとすれば、西友の企業価値は1000億円強となる。

実は、ウォルマートの年次報告書によると、西友には2018年1月時点で1800億円の長期借入金がある。買収の際には一定のプレミアムを乗せるのが通常だが、それを考慮しても、3000億円という数字はこの借入金の肩代わりを含めた額ではないか。

3000億円という数字に業界内では「それはない。高すぎる」(地方の食品スーパー幹部)といった声がある。実際、渦中のドンキHDの関係者も「2000億円でも高い」と打ち明ける。

当記事は「週刊東洋経済」9月8日号 <9月3日発売>からの転載記事です

買収後には店舗の統廃合や改装も必要になる。前出の松岡氏は、産業再生機構がダイエーの150店舗を継承する際、改装だけで「2年間で600億円もの関連費用が発生した」と言う。さらに主にGMSで展開する非食品部門をどう立て直すかという難題がある。結局、うわさされる額で西友を丸ごと買収する企業は出てこないだろう。

西友の339店のうち287店が食品スーパー。西友の魅力は首都圏を始め特定エリアに「食品をドミナント(集中)展開している価値につきる」(松岡氏)。となると、資金力のある外資系投資ファンドが乗り出し、資産の一部を切り離して売却していく解体ストーリーが現実味を帯びてくる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。