ユニーは、なぜ「驚安ドンキ」と手を組むのか

提携話を聞かされたユニー社長の本音とは?

ユニーが運営する神奈川県のピアゴ座間店は2018年春にMEGAドン・キホーテに転換する(撮影:大澤誠)

「正直驚いた――」。東海地区を中心に総合スーパー(GMS)を運営するユニーの佐古則男社長は、ドンキホーテホールディングス(HD)との提携話を聞かされたとき、こう感じたという。

12月8日、ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は傘下のユニーが子会社を設立したと発表した。子会社はGMSからディスカウントストア(DS)に切り替える店舗の管理を行う。提携先のドンキHDのノウハウを生かし、低迷するGMSをディスカウントストア(DS)に転換を進めていく方針だ。

GMS事業は思ったより厳しい

8月に開かれた会見でユニー・ファミリーマートHDの髙柳浩二社長(左)とドンキホーテHDの大原孝治社長(右)は固い握手を交わした(撮影:今井康一)

新子会社の社長にはユニーで上席執行役員を務めていた梅本稔氏が、副社長にはドンキHD傘下の長崎屋社長を務める関口憲司氏が就いた。

ユニー・ファミマHDとドンキHDは今年8月に業務提携し、11月にドンキHDがユニーの発行済み株式の40%を取得。DSへの転換はまず、2018年2~3月にかけて、神奈川県や愛知県などの6店舗で実施する。

ユニーの親会社であるユニー・ファミリーマートHDは、2016年9月にユニーとコンビニ大手のファミリーマートが経営統合して発足した純粋持ち株会社だ。当時のファミマはコンビニの国内店舗数で3番手。ユニー傘下のコンビニ、サークルKサンクスと統合し、ローソンを抜いて2番手に躍り出た。

一方、苦戦が続いていたユニーは不採算事業の整理や店舗閉鎖を進めてきたが、「GMS事業は思ったより厳しい」(ユニー・ファミマHDの髙柳浩二社長)という認識のもと、経営破綻した老舗GMS・長崎屋を立て直したドンキHDとの提携に舵を切った。

親会社からドンキHDとの提携話を聞いたとき、ユニーの社内はどのように受け止めたのか。今後、ドンキHDとどのように店舗運営を進めていくのか。ユニーの佐古社長を直撃した。

次ページ提携話をどう受け止めた?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT