売却は可能?西友の「適正価格」を大胆試算

関東の店舗の不動産価値を独自ランキング

妥当性はあるのか。非上場である西友は財務内容をいっさい公表していない。

西友の最大の価値は、首都圏の店舗網といわれる。西友のホームページを見ると、339店のうち関東に145店、うち東京に78店ある(一部閉店済みを含む)。ウォルマートの年次報告書には、店舗の総面積は196.7万平方メートルで、自社物件が56店とある。

関東145店のうち自社物件は23店

そこで本誌では西友の資産状況の把握を試みた。関東145店の不動産登記簿をほぼすべて取得し、土地の所有形態を調べた。

自社物件と判明したのは23店。確認できた土地面積に2018年度の路線価を掛け合わせ、不動産価格を算出したものが下表だ。

次ページ西友が関東に持つ土地の価値は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。