売却は可能?西友の「適正価格」を大胆試算

関東の店舗の不動産価値を独自ランキング

妥当性はあるのか。非上場である西友は財務内容をいっさい公表していない。

西友の最大の価値は、首都圏の店舗網といわれる。西友のホームページを見ると、339店のうち関東に145店、うち東京に78店ある(一部閉店済みを含む)。ウォルマートの年次報告書には、店舗の総面積は196.7万平方メートルで、自社物件が56店とある。

関東145店のうち自社物件は23店

そこで本誌では西友の資産状況の把握を試みた。関東145店の不動産登記簿をほぼすべて取得し、土地の所有形態を調べた。

自社物件と判明したのは23店。確認できた土地面積に2018年度の路線価を掛け合わせ、不動産価格を算出したものが下表だ。

次ページ西友が関東に持つ土地の価値は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT