身内で傷の舐め合い、終わらぬ「みずほ危機」

どうなる、みずほ。週刊東洋経済緊急ルポ<1>

04年に本格化したオリコとの提携ローンは、経営が悪化したオリコを支援する施策の一つだった。「取り扱いを拡大することを前提にしていなかった」(みずほ銀行関係者)。ところが、現実にはローン残高はうなぎ上りに増えていった。今や、みずほ銀行だけでも約8000億円の残高になっており、他の提携金融機関分を加えると、その1.6倍強の残高規模だ。

顧客に対面するのはオリコ加盟店、初期審査はオリコ、最終的な融資実行はみずほ銀行という提携ローンの危うい責任分担形態を、金融庁も問題視し始めている。

大口融資規制に引っかかる可能性も

もし、みずほ銀行が問題を根治するために提携ローンを取りやめ、オリコによるローン実行へと変更しようとすれば、みずほ銀行の8000億円のローン残高は、オリコ向けの融資に切り替えざるをえなくなる。

だが、そうすれば既存のオリコ向け与信との合算で大口融資規制に抵触しかねない。反社が入り込む可能性のあるローン商品に対して大規模な融資を行うことが妥当か、という議論も生じてくる。

結局、抜本的な対処は困難であり、身動きが取れない。そうした中、地銀などが相次いで同ローンの提携解消に動き始めている。そうなると、いずれはみずほ銀行だけが同ローンの担い手として残っても、おかしくないのだ。

次ページ金融庁が望んでいるのは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT