村上春樹に「チームくまモン」から届いた手紙

ノーベル文学賞に最も近い男が訪れた熊本

当日いらしていた編集者にメールで上記の文をお送りしたところ、早速お電話をいただきました。お電話によると、「熊本旅行記」は、他の村上氏の旅行記と合わせ、単行本として発刊の予定であるとのこと。2015年11月に発売された『ラオスにいったい何があるというんですか?』というタイトルの紀行文集の中には、「熊本旅行記」が国内では唯一取り上げられておりました。

『くまモンの成功法則――愛され、稼ぎ続ける秘密』(幻冬舎)。書影をクリックするアマゾンのサイトにジャンプします

熊本訪問後、1年を待たずに起きた熊本地震には、村上さんも大変心を痛められ、「そのときにお目にかかったみなさんが、今回の大地震でどのような被害に遭われたのか、心配でなりません。(CREA WEB「CREA〈するめ基金〉熊本へのメッセージ」より)」と支援金の募金を呼びかけてくださいました。

村上さんご自身も、9月8日に来熊され、熊本地震の被災地支援のためにチャリティートークイベントを開催してくださいました。心より御礼申し上げます。

私たちは、ここぞ、とばかりに、くまモンとの対面について編集部を経由してご提案したのですが、「くまモンは遠くから見ているくらいがいい」と実現には至りませんでした。はたしてくまモンが村上春樹氏に会える日は訪れるのでしょうか……。

声を出し、思いを話す

《チームくまモンの仕事の流儀》仕事は楽しく

楽しい仕事はない。だからこそ仕事を楽しくする工夫はしたい。くまモンとの仕事をとおして、私たちはダメ元で声を上げるように学び成長しました。「気づいたこと、思ったこと、見たことを仲間に話し伝えてみよう。アイデアは出てくるし勇気も出てくる」。

「紅白に出たい」「歌舞伎座の舞台に立ちたい」「大納会に行きたい」……さまざまなビッグステージにくまモンは立ってきました。声を出し、思いを話していると、共感を得、助けてくれる人が現れるものです。事実、私たちには多くの救いの手が差し伸べられ、実現に至っています。

楽しいことはみんなでシェアする。その思いがあるからこそ、共感が得られるのだと考えます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT