村上春樹に「チームくまモン」から届いた手紙

ノーベル文学賞に最も近い男が訪れた熊本

熊本市内「くまモンスクエア」内にある営業部長くまモンの執務室(ⓒ2010熊本県くまモン)
2017年度のくまモン関連商品の売り上げは過去最高の1408億円。今年1月にはついにくまモン商品の海外販売が全面解禁され、さらには7月には小学館の学習まんが「偉人伝シリーズ」にくまモンが加わりました。
ゆるキャラブームも終わったと言われる中で、なぜくまモンだけが?
熊本県庁職員を中心にくまモンをプロデュースする「チームくまモン」が、その仕事の流儀を明かした『くまモンの成功法則――愛され、稼ぎ続ける秘密』。あの人にとっても、くまモンは無視できない存在だったようで……。

くまモン担当部署に村上春樹氏が来た

2015年8月7日、知り合いからの「『CREA』9月号、早速買いました」というメールを見て、執務室で大声を上げてしまいました。なんと、村上春樹氏がブランド推進課(当時のくまモン担当部署)に来られていたとのこと。あの日あのときこの場所に、今、日本でノーベル文学賞に最も近い小説家が座っていながら、誰1人として気づかず、しかも応対した職員でさえ気づくことがなかったとは……。

同誌によれば、友人で熊本在住の吉本由美さんのお誘いで、6月中旬に熊本旅行にお見えになり、4泊5日の旅の途中、いたるところにくまモンの姿があり(と言ってもイラストのくまモンであり、本物のくまモンではないようです)、こうなると「僕はいったん何かが気になりだすと、いちいち気になってしょうがない因果な性格」なので、担当者のお話を聞きたく予定を変更して当課に見えられたとのこと。

応対した職員の話によれば、前日『CREA』の編集者の方から連絡があったうえでの来訪だったものの、女性誌にもかかわらず、女性1人(後日、吉本由美さんと判明)と男性3人という編成で来訪され、名刺を出されたのは編集者の人のみ、出で立ちもまさにプライベートな旅の途中というのがピッタリで、Tシャツに短パン不精髭姿の男性もいて(後日、村上春樹さんと判明!)、どうも怪しげな御一行と判断したらしく、課内は様子見の静かな空気が流れていました。

くまもとブランド推進課は当時、県庁職員の男女比と比べても女性が少なく、『文藝春秋』は知っていても『CREA』なる雑誌は存じ上げない男どもがほとんどだったのです。しかし、仮に『CREA』を知っていても、はたして旅の途中の村上春樹さんを正しく認識できたかどうかはなんとも言えません。変装とまでは言わないまでも、明らかに「村上春樹」を消していました。

次ページ筆者も当日、その場にいたが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。