コミックスの「累計部数」は時代遅れの指標だ

マンガアプリがマンガの売り方を激変させた

今、マンガでもまったく同じことが起こっている。筆者が取材したマンガアプリの運用責任者は、複数の人間が「コミックスの部数至上主義の時代は終わる」「部数以外の指標を世の中に広めていかなければならない」という発言をしていた。収益源が多様化するとは、指標を多様化させなければならないということである。

マンガ業界がなぜかつて部数だけを競ってきたかと言えば、出版業界は再販制度(再販売価格維持制度)があり、書店では原則的に値引き販売ができないからだ。言い換えると雑誌にしろコミックスにしろ、単価が数百円で固定されていた。

だから売り上げを伸ばすには「客数=部数」を伸ばすしかなかった。しかし紙の本以外の場所――電子書籍、アプリ、ウェブでは再販制度がない。ゆえにいくらでも単価を変えられる。これは「値引き」ができるだけではない。

マンガのキャラクターを使った広告を単価数十万円や数百万円で受けることもできるし(取引先や商品によって価格は当然違ってよい)、電子書籍全巻セットに作家との飲み会に参加する権利を付けて数万円から十数万円で販売してもいい――これらはすでに行われている。

要するにマンガアプリ台頭以降のマンガビジネスとは、ユーザーの動画広告視聴で1回数円得るものから今言った数十万円から数百万円単位のものまで、レンジの広い多様な商品/サービスを売って成立するものになったのだ。紙のコミックスの部数は、依然重要ではあるものの、もはや唯一絶対の指標ではない。

まだ「○万部突破」ばかり気にしてるの?

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT