婚活がうまくいかない36歳女性がハマった罠

「結婚したいのに、結婚できない」

アプリに登録されていた顔は若々しいハンサムだったが、職員として紹介されている顔は、40歳よりも年上に見える中年のくたびれたオジサンだった。

「別人かと思いましたが、目鼻立ちは同じなので、アプリの写真は10年とか20年とか前のものだったのではないでしょうか。40歳という実年齢も怪しかった。それで彼に、『会う前に、もう1枚登録とは別の写真を見せてくれませんか』と、メールしたんですね。そうしたら、『恥ずかしいから嫌です』と返信がきた」

そして、そこからまたメールが来なくなった。会う前日になり、『明日は、予定通り会えますか』というメールを出したが、それはスルーされた。

「今でも謎です、というか、その男性もツメが甘い。自分とは違う写真を入れているのに、勤めている市や職種や本名を私に教えるなんて」

吉川にしてみたら、それらを検索ワードにして、女性が自分のことを検索するとは露程も思わなかったのだろう。

「疑問なのは、会ったら写真とは違うというのがバレてしまうのに、なぜ会う約束をしたのか。最初から会う気はなかったんですかね。あと、よくよく考えたら既婚者だったのかもしれない。会う日程決めのときに、『唯香さんのせっかくのお休みを邪魔したくないから、土日ではなくウィークデーに会いましょう』って言っていたんです。あと、独身証明書を提出しているかというボタンのところにも、チェックが入っていなかった」

おそらくだが吉川がアプリに登録していた目的は、マッチングした女性と対面で会うことではなかった。自分が20歳近く若返り、そこで女性との会話を楽しみたかったのではないか。リアルな恋愛ではなく、ネットを通じての2次元の恋愛を独身女性と楽しみたかったのではないだろうか。

「どうしたら私は結婚できるんでしょうか?」

唯香は、私に聞いてきた。

「結婚したいのに、結婚できない。どうしたら、私は結婚できるんでしょうか?」

いちばんの近道は、「結婚をしたい」と真剣に思っている異性と、数多く出会える場を作って、リアルに出会っていくことだ。

それは、友達の紹介でも、合コンでも、婚活アプリでも、婚活パーティでも、結婚相談所でも、なんでもいい。

ただ女性の場合は、ヤリモクの餌食にならないためにも、簡単に男女の関係を迫ってくるような男性の甘い言葉には乗らないほうがいい。また、デート商法、保険の勧誘の被害に遭っている女性もいるので、そこも注意したい。

逆に、男性の場合は、相手の女性がパパ活目的かもしれないので、若い女性に会えたと思って鼻の下を伸ばしていると、散財する羽目になる。キャバ嬢などのプロの手腕にも引っかからないことだ。

とはいえ、出会わなくては、始まらない。出会うことをあきらめたら、結婚はできない。出会い、そこから相手をどう見極めていくか、鑑識眼を磨くことが大事なのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。