TEAM NACS「ファン感謝祭」のすごすぎる実際

地方限定とは思えない4万人のスケール

「CUE DREAM JAM-BOREE 2018」に駆けつけた多くの人々(写真:週刊女性PRIME)
近年はSNSの充実で、地方からも全国的な人気を獲得するコンテンツが誕生している。これからも確実に地方からスターは生まれ、それらの命は、東京のエンタメ観では見つけられない場所で産声をあげています。そんな輝きや面白さを、いち早く北海道からお届けします。

先日の話になりますが、7月末に北海道札幌市で開催された「CUE DREAM JAM-BOREE 2018」というライブイベントにお邪魔してきました。

約4万人が楽しんだイベント

タイトルにある「CUE」とは、北海道を拠点とする芸能事務所、CREATIVE OFFICE CUEのこと。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

“日本一チケットが取れない演劇ユニット”といわれるTEAM NACS(大泉洋さん、安田顕さん、森崎博之さん、戸次重幸さん、音尾琢真さん)が所属していることで有名な事務所ですが、「CUE DREAM JAM-BOREE」はそんな彼らも含め、所属タレントが全員参加する、事務所創業の地・北海道での“ファン感謝祭”のような催しです。

2002年から2年に1度のペースで行われているこの「CUE DREAM JAM-BOREE」は、最初は札幌の小さなホール会場から始まりました。

しかし所属俳優・タレントたちが年々活躍の場を広げるに伴い、会場もステップアップ。今では北海道でトップクラスのキャパシティを有する、北海道立総合体育センター北海きたえーるが、おなじみの会場となっています。

次ページまず最初に驚いたのは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。