外科手術を刷新する「ロボット革命」の全貌

米国では前立腺手術の85%でロボットが活躍

身体の右横に2つないしは4つの穴を開けるだけで済み、肋骨や神経、血管を切ることなく手術が終了する。痛みもなく出血もないことから、翌日から立ち歩きや食事も可能だ。

これは「低侵襲手術」ともいわれ、早い場合には手術後3日には退院可能になるという、夢のような心臓手術が実現する。

画期的な医療機器は患者さんにメリットをもたらす。手術支援ロボットもまたしかりだ。が、ロボット手術はロボットが自動的に手術をするわけではない。ここが大きなポイントだ。

ダヴィンチはあくまで遠隔操作型の内視鏡機器だ。自動的にアクティブに能動的に機械が手術するわけではない。ロボットを使った外科医の動きがそのまま、患者さんの元にあるロボットで実行に移される。つまり、誰もが上手にできるわけではない。手術が下手な外科医が使えば、良い結果も見込めない。

加えて、ロボット手術の導入にあたっては、多額の費用が必要となる。ダヴィンチの価格はざっと2億〜3億円が相場だ。いまだ導入している医療機関が少ないことから、習熟した外科医が圧倒的に不足している。

このような状況から、今すぐにあらゆる病院へと広まる可能性は少ないだろう。それでも筆者は、将来を見据えたうえでロボット手術を普及させるべきだと考えている。

患者負担の少ない医療の実現へ

筆者は過去13年間で、500件を超えるロボット手術を経験してきた。4月から保険診療になったこともあり、今では毎月15例前後の手術をダヴィンチで行っている。

これまでの経験を基にデータを分析したところ、ほぼ50例ごとに手術時間や人工心肺時間、そして心臓を止めている時間が短縮されていることがわかった。筆者の感覚では、100例ほど経験してようやく、「ダヴィンチ心臓手術とは何か」がわかってきたといえる。

目覚ましい進歩によって、今後、従来の外科手術に代わる治療法が、ロボット手術以外に出てくる可能性は十分にある。ロボット手術の完成形を見届けることなく、新たな医療の時代に移行することだってありうる。

それでも今後、手術を受ける患者さんにとって、胸を真ん中で切る手術はすでに過去のものになったと思ってもらっていい。多くの治療において、患者さんに負担をかけない医療を実現できる日がすぐそこまで来ている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。