荒木大輔vs愛甲猛、1980年の夏もアツかった

38年前甲子園に降臨した一年生エースの躍動

川戸がまじめすぎるほどまじめなことは、チームメイトならみんなが知っていた。1年生のときから登板の機会を与えられた愛甲の陰に隠れていたものの、実力者であることをまた誰もが認めていた。

「川戸がすごく努力してるのは知っていました。弱いチームには打たれるけど強いチームは抑える不思議なピッチャーでした。マウンドで声をかけても、まともな日本語で答えが戻ってこないくらいに緊張していましたね。すごく心配したのですが、最後まで早実打線に点を取らせませんでした」(愛甲)

グラウンドで「紺碧の空」を歌った横浜の選手

6対4で横浜の勝利。ゲームセットの瞬間、マウンドで両手を突き上げる川戸の姿を、愛甲はファーストから見ていた。

『荒木大輔のいた1980年の甲子園』(集英社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「川戸が喜ぶのを見て、最後にキャプテンらしいことができたのかなと思いました。3年間我慢したやつが最後にマウンドに立ってるのを見て、『これでよかった』と」(愛甲)

東京と神奈川の代表による決勝戦だったが、両校のカラーは見事なまで対照的だった。愛甲は違いについてこう語る。

「当時の横浜にはヤンチャな選手が多くて、むちゃくちゃ遊ぶけど、それ以上に練習もやりました。練習量がハンパじゃなかった。あのころ、不良の根性がなかったら、横浜では野球は続かなかった。勉強ができてまじめな子では。だって、理不尽なことしかなかったから。

早実って、そんなに有名じゃないけどいい選手がいるんです。ユニフォーム姿もスマートだし、プレイの中身もそう見える。うちの選手たちのなかには早実をうらやましく思っているのもいましたよ。セカンドの安西なんか、グラブを叩きながら『紺碧の空』をアルプススタンドの観客と一緒に歌ってたし。僕も思わず、口ずさみそうになりましたよ(笑)。

応援団は完全に負けでした。とにかく、横浜が大輔から得点したときの、女の子の悲鳴はすごかったですね」

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT