広陵、「背番号10の主将」が甲子園でみた風景

二松学舎大付に惜敗、広島県代表として・・・

二松学舎大付―広陵。二松学舎大付に敗れ、応援席へあいさつに向かう広陵ナイン=甲子園(写真:共同通信社)

広島大会をノーシードで勝ち上がり、2年連続で甲子園にたどりついた広陵が8月12日の初戦(2回戦)で対戦したのは、全国最多の132校が出場した激戦区、東東京大会を制した二松学舍大付だった。

広陵の中井哲之監督が「甲子園に来てから調子がよくて、150キロは出ると思った」という先発投手の森悠祐が初回からいきなりピンチを招く。

三番打者、平間陸斗のゴロが内野安打になり、ワンアウト1、2塁。迎えるのは四番打者の保川遥、東東京大会で打率3割1分6厘の打率を残した強打者だ。

背番号10のキャプテン・猪多善貴

三塁側の広陵ベンチから伝令役の選手が勢いよく飛び出してきた。

背番号10をつけたキャプテン・猪多善貴だった。

「僕から監督に『マウンドに行ってもいいでしょうか』と断って、マウンドに行きました」(猪多)

ピンチを招いたエース、2年生キャッチャーの鉤流大遂らを集めてこう言った。

「焦らず冷静にいこう。点を取られてもいいから、思い切ってプレイしよう」

県大会で修羅場をくぐってきたとはいえ、大観衆が見守るなかで緊張せずにプレイすることは難しい。しかし、キャプテンのアドバイスで皆が、落ち着きを取り戻し、声も出るようになった。

森は四番にツーベースを打たれ、2点を失ったものの、後続をしっかりと打ち取った。

次ページ試合前に中井監督が語っていたこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。