不安感が強い人が「筋トレ」に挑むべき理由

うつの予防や治療には筋トレが効く?

筋トレは、心の健康改善に効果的なのでしょうか(写真:Syda Productions/PIXTA)

スポーツジムに行って重たいバーベルを持ち上げれば、気分も上がる可能性がある――。筋力トレーニングとうつについて調べた数十の研究を専門家が総合して分析したところ、そんな結果が得られた。筋トレがうつ症状の緩和に大きな効果を上げることは珍しくなく、その効果のほどはもともとのうつ症状のひどさや、ジム通いの頻度とは関係なかったという。

運動全般がうつの予防・治療に役立つことを示す研究は数多く存在する。たとえば2016年に発表されたある論文では、数多くの先行研究(被験者数は計100万人以上)を集めて分析したところ、肉体的に健康であると臨床的なうつ状態になるリスクが大きく減ることがわかったという。ほかの研究でも、運動にはうつ病の診断を受けた人の症状を軽減する効果があると認められている。

うつと筋トレの関係は

だが過去の論文で分析の対象となっていたのは、主にウォーキングやジョギングといった有酸素運動だった。

一方で心の健康に対する筋トレの効果はこれまであまり知られてこなかった。2017年の先行研究の分析論文では、筋トレに不安感を軽くする効果が期待できることが明らかになっている。

この分析を行った研究チームが次に目を向けたのが、うつと筋トレの関係だった。

5月にアメリカ医師会報(JAMA)の精神医学専門誌で発表された論文によれば、研究チームはまず、筋トレがうつの発症や症状の重さに有意な影響を与えるのかどうかの判断材料となるような先行研究を探した。また彼らは、運動量や年齢、健康状態や性別が筋トレの効果に影響を及ぼすかどうかも調べたいと考えた。

次ページ無理に頑張らなくっても効果はある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT