不安感が強い人が「筋トレ」に挑むべき理由

うつの予防や治療には筋トレが効く?

もっとも今回の論文からは、筋トレがどのようにして心の健康に効果を及ぼすのかはわからない。

運動は生理学的にも心理的にも影響を及ぼすのではないかと、リメリック大学(アイルランド)の大学院生で研究チームを率いたブレット・ゴードンは言う。気分に影響を及ぼすさまざまな神経化学物質のレベルといった、脳内の状況を運動が変えるのかもしれないと彼は言う。

筋トレがほかの運動よりベターとは限らない

「期待が作用している面もあるだろう」とゴードンは述べた。人は運動をすることによって気分が上向くと期待し、実際にそのとおりになるのだ(ゴードンの言うように、被験者に自分が運動していることを意識させないことは不可能だ。だから心理的効果の一部はプラセボ効果のなせるわざなのかもしれないが、とにかく実際の効果をもたらしたのは間違いない)。

ただし、筋トレがほかの運動よりうつを改善する効果が高いとする結果は得られなかったとゴードンは言う。また、運動が薬物治療のような従来の治療の代替になりうる(またはそうすべき)とする結果も得られなかった。

だが全体的に見て、週に2〜3回ジムに通い体を鍛えることが、心の健康改善に効果的かもしれないことがデータからはうかがえるとゴードンは述べた。

(執筆:Gretchen Reynolds記者、翻訳:村井裕美)
(c) 2018 New York Times News Service

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。