若者がDA PUMP「USA」にポカンとするワケ

生活のバランスを崩してまでお金はいらない

須田:今の若者がかつてのヒルズ族みたいな生活にあこがれないのは、ヒルズ族みたいな金持ちが近くにいないからだと思います。いないから想像できない、想像できないからその世界に行ってみたいと思わない。

原田:須田くんは金持ちにあこがれない?

須田:僕はわりと金持ちになりたいと思ってますけど、高校までは人並みでいいという意識でした。どうして意識が変わったかというと、大学に入ったときにお父さんの年収が3、4000万円の子が近くにいたんです。彼はやっぱりたたずまいが違ってたんで、それを見て自分もそのレベルにいけたらいいなあと。

樋川:私が稼ぎたい志向なのもそうです。おじいちゃんが官僚かなにかの男の子が、クラブでシャンパンを2000万円分入れてて(笑)。そういう存在を近くで見ちゃってると、ああ、お金あったほうが絶対いいじゃんって思ってしまうんですよ。

原田:クラブで2000万円のシャンパンを開ける学生って……。絶対ろくな大人にならないよ(笑)。昔の官僚は今と違って稼げたみたいだけど、彼のおじいちゃんも、まさかそんな使われ方をすると思っていなかったんじゃないかな。でもさ、それこそ身の丈以上の消費の仕方だから、現実的な君らはそこまでの消費にあこがれないんじゃないの? 年収1000万円じゃ2000万円のシャンパンを開けられないよ?

樋川:私はそこまでは求めませんけど、すごいとは思うし、触発はされます。

須田:ただ、今の学生って親がすごく金持ちでも、本人はユニクロを着てる人も多い。だから金を持ってる人間のなんたるかを想像しにくいかもしれません。僕、大学に入学していちばん最初に話しかけた女の子が、某超大企業の会長のお孫さんだったんですが(笑)、格好は普通だし、格別お金を使ってるようにも見えませんでした。

原田:以前、日本の富裕層研究をやって、『黒リッチってなんですか?』(集英社)という本を共著で書いたんだけど、成り上がりではない、祖父母や両親が金持ちの日本のクラシカルなリッチは、きちんとした教育を受けているケースが多い。彼らは自分たちの金持ちぶりを見せびらかしたりはしないんだよね。金持ちが日本社会であまり顕在化しないのも、若者が金持ちを目指さない理由のひとつかもしれない。

40歳では「早く帰って子どもの顔を見たい」

原田:じゃあ自分が40歳になったらどんな働き方をしていたいか、どういうワーク・ライフ・バランスでありたいかを聞かせてくれるかな。まずは男性から。

須田:40歳では夜7時か8時には帰宅したいです。理由は子どもとの時間を取りたいから。うちの親は僕が小さい頃からずっと毎日夜7時に帰ってきてくれていて、それがすごくうれしかったんですよ。30代前半には結婚して、40歳時点では子どもをふたり欲しいです。

次ページ子どもとはしっかり触れ合いたい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。