若者がDA PUMP「USA」にポカンとするワケ

生活のバランスを崩してまでお金はいらない

写真右から3人目が吉川歩花(慶應義塾大学総合政策学部1年)、4人目が山切萌香 (明治大学経営学部3年) (写真:筆者提供)

正田:僕も40歳で子どもをふたり欲しいですが、子どもが寝る前に顔が見られる程度の時間に帰れればいいかな。うちの父は出張で年間300日以上家にいない人だったので、僕は遊びたくても遊べなかったんです。だから僕は、子どもとはしっかり触れ合いたい。20代では猛烈に働いて、40歳ではある程度落ち着きたいです。

原田:昭和のサラリーマンは家庭を顧みない人が多かったけど、ミレニアル世代の男性は家庭を顧みない人が減るかもしれないね。君らは自分の親とも仲良しな人が多いから、きっと子どもとも仲が良さそうだし。家でチルってるのも大好きだから、外で浮気する人も減りそうだ。

須田:僕は仕事の内容に関して言えば、40歳で管理職であることも予想しつつ、別のスキルも得たいです。たとえば働きながら大学でも教えるとか。そういった意味で、会社員でありながらメディアに出られたりと、いろいろな活動をしている原田さんの働き方は理想です(笑)。

原田:「二刀流、三刀流」の大谷翔平選手を出すのはあまりに偉大すぎるけど、最近はたくさんの名刺を持つことや副業が奨励される風潮がある。いろんなことやるって本当に大変だと個人的には思うけどね。

共働きでしっかり稼ぎたい

牧之段:僕は20代のうちに結婚して、奥さんと共働きでしっかり稼ぎたいです。そのお金で家事代行サービスを活用します。30代でふたりのキャリアがいい感じになってきたら、子どもを作りたいです。

原田:ミレニアル世代は共働きが当たり前の世代だから、大学生男子なのに、奥さんのキャリアイメージや産み時イメージも持っているんだね。

牧之段:ワーク・ライフ・バランスでいうと、40歳は20代より穏やかな働き方でありたいですけど、家に早く帰れなくても構いません。深夜12時帰宅とかでもいいです。

原田:これだけ「働き方改革」が叫ばれている世の中を生きてきたのに、結構労働意欲があるんだね。まあ、体力の落ちてきた40代で深夜帰りっていうイメージが、まだあまり湧かないというのもあるかもしれないけど。でも、もし君と奥さんがともに毎日深夜12時帰宅だと、子どもを育てるのは難しいかもしれないよ。子どもの年齢にもよるだろうけど。

牧之段:じゃあ、子どもが産まれたら、奥さんに早く帰ってもらって……。

原田:そこは牧之段くんじゃなくて、無条件に奥さんが仕事を減らす発想になるんだね。

牧之段:ああ……。

次ページどちらが仕事を減らすのか
関連記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ノースフェイス快走のゴールドウイン

米国のアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」が大ヒットし、ゴールドウインの業績は絶好調。26年ぶりに最高益を更新。次は自社オリジナルのブランドを確立し、海外展開に挑む。