若者がDA PUMP「USA」にポカンとするワケ

生活のバランスを崩してまでお金はいらない

牧之段:僕と同じ早稲田の友達も無欲ですよ。服はお母さんに買ってもらってるし、財布の中身もお母さんが管理してるやつなんですけど(笑)。平和な暮らしさえできればいいから、大きい家もいらないし、仕事で競争もしたくないって言ってます。にもかかわらずサークルの幹事長をやってるので、理由を聞いたら「先輩から言われたから」だそうで。役職を担って誇らしいとか満足してるみたいな気分は、まったくないそうです。

原田:牧之段くん自身はどうなの?

牧之段:少しは人より秀でたいですよ。

原田:じゃなくてさ、プライベートジェットを持ちたいとか、それくらいの秀で方はないの? ホリエモンみたいな。

牧之段:今のままでも満足なので……。逆に聞きたいんですけど、なんで昔の人たちはそんなビッグドリームを抱いてたんですか?

原田:だって、お金がたくさんあればどこにでも行けるし、買いたいものが買えるし、おいしいものだってたくさん食べられる。そんなに働かなくてもいいから、時間を好きなことに使えるじゃない。君たちがカラオケでよく歌うDA PUMPの『USA』という歌でも、ドリームがたくさん歌われているじゃない?

一同:(シーン)

牧之段:確かにそうですけど……。この歌は「ダサかっこいい」と言われているとおり、僕らにバッチリ歌詞がはまっているわけではないですし。……お金をそんなに得るためには、ものすごく本気で取り組んで、いろんなものを捨ててまで頑張らなきゃいけないじゃないですか。そこまでの覚悟はないです。

原田:ワーク・ライフ・バランス世代は、バランスを崩してまで得られるお金はいらないんだね。今年の初め、北欧で現地の若者たちに調査したんだけど、北欧の職場は全体的にかなりワーク・ライフ・バランスが保たれているから、皆あまり仕事に対する不満がない、と若者たちが口々に言っていた。多くの日本企業は、北欧型の労働スタイルや職場環境を参考にする必要が出てきているかもしれないね。

近くに金持ちがいれば、金持ちになりたくなる?

樋川:私は稼ぎたいです。いい服を着たいし、旅行にも行きたい。ただ、プライベートジェットって話ではないかな。年収1000万円くらい。これだって、女性だとなかなか行けないレベルですよね。

原田:そうだね。日本のサラリーマンの平均年収が400万円くらいだし、女性の正社員の給料は男性の正社員の7割程度だと言われているから。でもさ、どうしてそんなにお金が欲しいの?

樋川:人に誇示したいわけじゃないんです。自分のものも欲しいけど、将来のことを考えたとき、家族に充てるお金が潤沢に欲しいなって。

次ページ今の若者が金持ちにあこがれない理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT