済美・中矢監督、被災者に伝えたかった思い

優勝候補の星稜を相手に2度の逆転劇で勝利

星稜との2回戦。タイブレークに突入した13回の先頭打者だった政吉完哉はセンターのポジションから戻りながら、自分の打席のシミュレーションをしていた。2点差あることと、九番という打順を考えて、バントに備えていた。

そこで中矢監督がセーフティバントのサインを出し、一番打者の矢野功一郎の逆転サヨナラ満塁ホームランを呼び込んだ。

相手守備陣がバントシフトを敷くなかで完璧なバントが決まったのは、選手と監督の考えが重なったからだ。

「最悪でもワンアウト、二、三塁にする。政吉もセーフになって満塁にできればチャンスが広がる」と考えた中矢監督にとって、最高の結果が待っていた。

いつまでも甲子園にいたい

3回戦の相手は同じ四国の高知商業(高知)。馬力のある相手との試合を突破すれば、ベスト8が待っている。

「昨年は甲子園で1つでも勝てればと思っていました。3回戦で負けましたが、もう1つ勝ちたかった。今年も2つ勝ちました。2つ勝てば3つ勝ちたくなる。甲子園はそういうところです。勝ったら、また勝ちたくなる。いつまでも甲子園にいたい」(中矢監督)

優勝候補の一角に挙げられていた星稜を相手に、延長13回、2時間55分の激闘を展開し、2度の逆転劇を見せた済美。試合後、丁寧に記者の質問に答える中矢監督の疲労の色は隠せなかった。

筆者は愛媛のスポーツマガジン『E-dge』の編集長をつとめており、面識がある。私の顔を見て、中矢監督はこう言った。

「愛媛のみなさんに、何か伝わりましたでしょうかね?」

言葉にできない被災者への思いがその言葉に詰まっていた。

(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。