50歳を過ぎたら無理な運動をすべきではない

やりすぎは、かえって健康を害する

まあ、そのお陰で歩数計が売れに売れた。当時、パーティの手土産となればどこもかしこも歩数計だった。一時期多い人は、7個か8個は持っていたはずだ。1万歩神話によって、その業界が儲かったとすれば、まあ、それでいいのかもしれない。

ところで、「8000歩で十分」という説は正しいといえるのだろうか。

健康に合わせて運動をしたほうがいい

だいたい、歩数だけが健康のバロメーターになるはずがない。やがては、「8000歩だとか、1万歩だとかと決め込む必要はない。その人の体調、気分に合わせて、3000歩でもいいし、2000歩でもいい」という医者が出てきて、歩数問題はカタがつくことになるだろう。しまいには、無理して歩かないほうが健康のためにはよい、という説が登場するかもしれない。

端的にいえば、「運動して健康になる」というのは、神話のようなもの。歩けば長生きする、というのは馬鹿げている。現に私の知人は、雨の日も風の日も、毎日律義にジョギングをしていたが、あるとき、腰椎が摩耗して歩けなくなった。痛いという。65歳前後だったと思う。手術をしても治らず、リハビリのために温泉地に数カ月治療滞在したが、やはり完治しなかった。足を引きずって、ようやく歩いていたが、間もなく亡くなった。彼が言った言葉が今でも頭に残っている。

「歳をとったら、運動はあきませんな。せんほうがいいですわ。今、後悔してまっせ」

もともと陽気な人だったから、そう言いながらケラケラ笑っていたが、その言葉が頭から離れることはない。

次ページ「歳をとったら、運動はあきませんな」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。