ディズニー「映画コンサート」に注力する理由

スター・ウォーズで公演、新しい映画の見方

7月29日に開催された「スター・ウォーズ・イン・コンサート」。上演前にはダース・ベイダ―とストームトルーパーが登場。その後、オーケストラによるファンファーレが鳴り響いた(撮影:星野麻美)Presentation licensed by DISNEY CONCERTS in association with 20thCentury Fox, Lucasfilm and Warner/Chappell Music.© 2018 & TM LUCASFILM LTD. ALL RIGHTS RESERVED © DISNEY

シーンと静まったコンサートホールに20世紀フォックスのファンファーレが鳴り響いた。大画面に映し出されたタイトルロゴに合わせ、『スター・ウォーズ』のテーマの演奏が始まる。

映画を生演奏とともに上映

7月29日、東京オペラシティで開催された「スター・ウォーズ・イン・コンサート ジャパンツアー」のプレミア特別公演。スター・ウォーズの旧3部作『新たなる希望』(1977)『帝国の逆襲』(1980)『ジェダイの帰還』(1983)を巨大スクリーンで一気に見ることができるだけではない。セリフや効果音はそのままに、映像に合わせ、オーケストラが生で演奏するのだ。

チケットの価格は3万2700円と高額。それでも発売と同時に即日完売した。都内から来た50代の男性は「シリーズが始まったときからのファン。旧三部作が一気に見られる機会はないし、それをオーケストラで楽しめる。こんな機会は二度とないと思う」と興奮ぎみに話す。会場にはスター・ウォーズ“第1世代”だけでなく、20~30代の若い世代も少なくない。当日は1150人ものスター・ウォーズファンが押し寄せた。

演奏は東京フィルハーモニー交響楽団が担当。演奏者たちは、スター・ウォーズのファンを中心に選ばれたという。各作品の上映中に1回の休憩、さらに作品ごとに約1時間の休憩を挟み、公演は計10時間40分に及んだ。

それでも最後のエンドクレジットが流れ、オーケストラの音がやむと、スタンディングオベーションが起きた。観客と演奏者の一体感が会場を包む。「スター・ウォーズは何度も見てきたが、次元の違う体験だった」。公演後に話を聞くと、30代の男性はそんな感想を話してくれた。

【8月11日20:20追記】初出時、「演奏は日本フィルハーモニー交響楽団」としていましたが、「東京フィルハーモニー交響楽団」に訂正します。

次ページディズニーがシネマコンサートを本格展開
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。