「事故物件」借りたらマジで壮絶にヤバかった

「事故物件住みます芸人」の物件選びに同行

そういう事実を知っているので、パッと見が綺麗になっていても、どうにも安心できないのだ。ただ、松原タニシさんの場合は、住み始めてから起こるトラブルこそが飯のタネだ。

この部屋は、逆に綺麗すぎて不満な様子だった。家賃は5000円値引きされて5万5000円だった。その地域の相場と比較すると安めだ。

松原さんも、

「まあ、ここでいいかな? 」

という気持ちになったとき、不動産屋さんが口を開いた。

「あの、オススメはできないんですけど……。もう1軒、事故物件があるんですが」と、いかにも苦しそうな表情で話す。

「かなりヤバい部屋があるんです。場所は新宿の一等地なんですけど、すごい嫌な感じがして、正直僕は行きたくないんですが……。すでに予約は入っているのですが、中国の人なんです。オーナーはできれば日本人に入居してほしいと言っているので、入りたいと言えばねじこめると思います」

松原さんは聞くやいなや

「内見させてください!!」とお願いしていた。

担当者は苦悶に満ちた表情のまま、「ヤバい物件」に向けて車を走らせた。

その物件の住所をスマートフォンの地図アプリに打ち込んでみると、本当に新宿の一等地にあった。最寄り駅から徒歩1分である。

そして部屋は12畳(キッチン含む。部屋は10畳ほど)で月6万円という破格の値段だった。もともとは8万円の家賃が2万円も安くなっているのだ。

とんでもない亡くなり方でもしているのですか? と聞くと

「50代の男性が首吊り自殺をしています」

と言われた。

もちろんショッキングな話ではあるが、条件で言えば先ほどのロフト付きアパートと同じである。

なぜそんなに安いのだろう? と考えているうちに物件に着いた。

次ページ部屋としておかしい物件
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT