「事故物件」借りたらマジで壮絶にヤバかった

「事故物件住みます芸人」の物件選びに同行

ビルの1階部分はレストランだった。ビルの外壁には看板が出ていたのだが、すべて外国語で書かれていて読めなかった。

共用スペースの壁はホラー映画のように汚れている。

ボタンを押すと、ボロボロのエレベーターが、ゴウン……ゴウン……と騒音を出しながら降りてきた。

入り口のすふまいっぱいにポスターや写真が貼ってあった(筆者撮影)

物件のある階に到着する。隣の部屋には、中国語の看板が出ていた。

どうやらマッサージ店のようだ。

後で知ったのだが、1階下にはヨーロッパ人が営む喫茶店が営業していた。国際色豊かなビルである。

室内に入って「ええ?」と思わず声が出てしまった。事故物件うんぬんの前に部屋としておかしかったのだ。

入り口のふすまにはビッチリとポスターや写真が貼られていた。大きいキリンのポスターが貼られていたのが印象的だった。

キッチンはペンキで真っ黄色に塗られていた。ヒューズボックスは真緑に塗られ、外国人のヌードポスターが貼られていた。

「自殺したおじさん、アーティストだったみたいですね……」と、松原さんがつぶやいた。

室内は確かに広かった。新宿で10畳の部屋に住める人とはなかなかのセレブリティな気分だ。

部屋には窓が3つあったが、この窓もおかしかった。まず窓枠が真っ赤に塗られていた。そして1つの窓は床スレスレの場所にあった。床にある窓なんて今まで見たことがない。

窓枠が真っ赤な窓。なぜか床すれすれにも窓が(筆者撮影)

そしてすぐ隣の高い位置にも窓があった。こちらはなぜか鉄柵がしてある。そしてこちらは押しても引いてもまったく開かない。開かずの窓だ。意味がない。

そしてメインの窓はとても大きくて、気持ちが良かった。しかしこの窓が途中までしか閉まらない。どうやら窓枠か部屋自体がゆがんでいるらしい。

階下からゴーッという換気扇の音が聞こえてきた。しばらく後に、肉を焼く臭いが漂ってくる。1階のレストランが営業を始めたらしい。

次ページ問題は壁に…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT