万引きで実刑を食らった女性の壮絶な半生

摂食障害を経て「窃盗症」になった

万引きをやめられなかった当時の様子を振り返る女性(写真:リディラバジャーナル)

私は盗むことを止められなかったーー。

当記事は「リディラバジャーナル」からの転載です(元記事はこちら)。同サイトは有料会員制メディアです。なぜリディラバが、課金型メディアに挑戦するのか。どのようなメディアを読者と作り上げていこうと考えているのか。リディラバの考え方はこちらを御覧ください。

生活に困窮していたわけでも、盗んだ物が必要だったわけでもない。何でもいいから盗みたい、そんな脅迫的欲求にかられ、来る日も来る日も盗み続けたという女性。窃盗症(通称クレプトマニア)という依存症に罹っていた彼女は2010年、逮捕されて実刑1年10カ月の判決を受けました。

しかし、当時彼女には子どもが3人おり、3人目はまだ乳飲み子でした。

出頭命令が届いたとき、彼女はある覚悟を決めていたと話します。それは、子どもを連れて、一家で国外に逃亡すること。その後、3年半におよぶ逃亡生活の末、日本に強制送還されました。

そんな彼女は、クレプトマニアに至る以前は摂食障害を抱えていました。実は、クレプトマニアになる人のなかには一定数、摂食障害を患っている人がいるのです。

何が引き金で摂食障害になったのか。それがなぜ依存的に窃盗を繰り返す状態に転換したのか。そこに至るまでにどのようなことがあったのか。女性にインタビューしました。

あまりのショックから情緒不安定に

――万引きをはじめたきっかけはあったのですか。

きっかけは、18年前に現在の夫から「好きな人ができた」と言われたことでした。結婚する半年ぐらい前のことでした。

その後に関係性を修復したのですが、そのときはあまりのショックから情緒不安定になり、気づくと盗みをしていました。

当時住んでいたニューヨークのアッパーウエストサイドにあるグローサリーストアーに立ち寄り、手にした食料品を次々とジム用の大きなバッグに入れていたんです。

誰の目にも明らかな万引きをしていたので、お店の人に見つかり、そのお店には出入り禁止になりました。

次ページ無意識的に盗んでいた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT